Mobile:NEWS 2003年7月3日 09:26 PM 更新

富士通製FOMA「F2102V」、都内で店頭に並ぶ

連続待ち受け時間がFOMA最長の240時間になった、富士通製のテレビ電話対応FOMA「F2102V」が都内で店頭に並んだ。新規の価格は3万円を切っている。

 テレビ電話に対応、連続待ち受け時間がFOMA最長の240時間になった富士通製FOMA「F2102V」(6月30日の記事参照)が、都内で店頭に並んだ。ある量販店の新規契約価格は2万4800円(ZDNet調べ、契約手数料3000円別)。買い増しは10カ月以上の利用者が3万800円、10カ月未満が5万2100円。ムーバからの機種変更は、1カ月以上の利用者が2万8800円(ZDNet調べ、契約手数料2000円別)。

 F2102Vは、充電しながらPCとデータ連携できるのも特徴。充電器にUSBが搭載され、手持ちの汎用USBケーブルでPCと接続してデータのバックアップやOutlookとの連携が行える。


 量販店には少し前からツーカーの東芝製カメラ付き端末「TT31」(6月17日の記事参照)も店頭に並んでいる。新規の価格は9800円(ZDNet調べ、契約手数料2700円別)。

 TT31は、あらかじめ登録しておいた相手のイラストやアイコンを画面上で選ぶだけで、電話をかけたりEメールを送ったりできる「マイメンバー」機能が特徴。カメラは撮影補助ライトを備えた11万画素CCDが搭載される。



関連記事
▼ 充電しながらPCとデータ連携〜「FOMA F2102V」
富士通製のSymbian OS搭載のテレビ電話対応FOMA「F2102V」が発売される。連続待ち受け時間はFOMA最長の240時間、USB対応のクレードルは、充電しながらPCとの連携を可能にする。

▼ ドコモ、待ち受け時間最長の「FOMA F2102V」
TV電話標準対応、さらに伸びた待受時間、miniSD対応、Outlookとデータのやり取りも可能──。そんな新型FOMA端末が7月3日に全国一斉発売される。

▼ NTTドコモ、TV電話機能を標準搭載したFOMA端末3機種を発表
NTTドコモは、折りたたみタイプのFOMA端末「F2102V」「N2102V」およびPCカードタイプの「F2402」を開発したと発表した。3機種共に「TV電話機能」を搭載。オープン価格で、実売予想価格は、F2102VとN2102Vが3万円程度、F2402が2万円程度。

▼ FOMA、TV電話標準搭載で普及目指す
6月15日付で50万契約を達成したFOMAのうち、6割がTV電話機能付き端末。アクティブにTV電話を使うユーザーは、月額2000円をTV電話代に費やしている。ドコモはTV電話を標準搭載することでFOMAの更なる普及を狙う。

▼ ツーカー、マイメンバー、カメラ付きの「TT31」
ツーカーがカメラ付き端末を発売する。画面上のアイコンを選ぶだけで電話やメールが行える「マイメンバー」機能も搭載し、簡単操作を特徴とする。

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!