Mobile:NEWS 2003年8月21日 03:00 AM 更新

国内利用が中心でも〜“GLOBAL PASSPORT”「A1303SA」(1/2)

auの「A1303SA」は米国や韓国など世界で使えるのが最大の特徴。しかし、国内で使う端末としてみても一級品だ。コンパクトなボディサイズと、鏡になる液晶など小技が光る。

 これまでauのGLOBAL PASSPORT端末といえば、今時の携帯とは言えない、ちょっと機能的に劣った端末が多かった。カメラが付いていなかったり、背面液晶がモノクロだったりと、海外で使うためには最新機能をあきらめなくてはならなかった。

 しかし最新の「A1303SA」は別格だ。GLOBAL PASSPORTだということを除いて、最新携帯電話として一級の性能を持っている。

 例えば国内専用端末である「A1302SA」と比べても、

  • 幅と高さは同じ。厚みは2ミリ減
  • 背面液晶は1インチから1.1インチに拡大
  • EZムービーに対応
  • ミラーになるメイン液晶
  • カメラの画素数が31万画素に
  • 日本語入力が「Advanced Wnn」に

という強化が図られている。

 このレビューでは、A1303SAを国内で利用することを前提に、評価していく。

 最初は形状だ。ディスプレイには2.1インチという、最新端末としては小さめのTFT液晶を採用した。そのかいあってか、持った感じは大変コンパクト。幅47ミリは総合カタログ8月号掲載端末中で最も細く、高さ92ミリも最小だ。厚みは「A5305K」に1ミリ譲るものの、最薄クラスである。

 液晶は、右ソフトキーの短押しでミラーに変身する。多少黄色がかった表示ではあるが、これは誰が見ても“鏡”。手鏡の代わりには使えそうだ。


一気にトップレベルの予測変換へ〜Advanced Wnn

 日本語入力は各社が力を入れている部分で、新機種が出るたびに見違えるほど強力になる。中でも、A1303SAが初めて搭載したAdvanced Wnnは、格別の出来だ。

 変換機能のポイントは大きく6つあるだろう。

  1. 1文字入力すると予測候補が表示される
  2. 前後のつながりを見て、入力なしで候補が表示される
  3. 辞書をダウンロードして追加できる
  4. 数字や英字の入力がしやすい
  5. 絵文字や記号の入力がしやすい
  6. T9など省入力機能が付いている

 Advanced Wnnは(1)(2)(3)(4)は完全サポート。文字を入力して下ボタンを押せば、予測候補が選択できる。英語を入力するつもりでひらがなを入れ、[英数カナ]ボタンを押せば、数字や英字にもすぐに変換できる。文字入力中は[メール]ボタンが「記号/絵文字」に割り当てられており、記号(2ページ)、絵文字(13ページ)、顔文字(7ページ)の一覧表示にも対応。利用履歴は出ないが、連続入力は可能だ。


予測変換は辞書の精度も含めて相当良くなった

 T9のような省入力機能こそ付いていないが、au端末の中ではPOBoxを搭載したソニー・エリクソン製端末に迫る使い勝手となった。

 動作も機敏で文字の取りこぼしなどもなく、気持ちよく入力できる。もちろん、大文字/小文字変換ボタンや逆トグルボタンも備えている。

 なお側面のボタンを押すことで、背景や文字の色を変えられる「パステルメール」に対応しているが、送受信できるのがA1303SAと「A1302SA」に限られるので、使うシーンは限られるだろう。

画像付きメールはドコモ向け、J-フォン向けに自動変換

 もうひとつ素晴らしいのは、画像付きメールや絵文字付きメールの他キャリア向け送信のサポートだ。

 通常、画像付きメールは対応するサイズなどがキャリアによって異なるため、au端末からドコモやJ-フォンに画像を送信する際は、「フォトメール便」などのサービスを利用しなくてはならない。つまり、アドレス帳に“画像付きメール用”のアドレスを別途登録したり、定型文にアドレスを登録したりと面倒が多かった。

 A1303SAでは、メール送信時にアドレスを自動変換して送ってくれる。つまりドコモ相手に画像を送りたい時は、普通にアドレスを選んで、「フォトメール便送信」を選択すればいいのだ。これは画期的である。

 さらに絵文字の他キャリア向け送信もサポートする。「絵文字め〜る」(月額105円)向けのアドレス変換も自動で行ってくれるのだ。


メール送信時は、「通常送信」か「フォトメール便」を使うか、「マイ絵文字」(絵文字め〜る)を使うか選択できる。通常送信以外は、対応するメールアドレスに自動変換される。変換方法は自分で修正することもできるので、今後新サービスが出てきても対応できる。中と右の画像は絵文字付きメールをJ-フォンとドコモに送信してみたところ。単純変換で表示させることもできるし、Webアクセスを経由して画像で本物の絵文字を出すこともできる

“あかさたな”のアドレス帳で頻度順に表示

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/2 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!