Mobile:NEWS 2003年10月8日 07:49 PM 更新

“機能切り分けの美学”〜三菱コンセプトモデルが目指すもの

一見、よくある“未来の携帯”だが、奥に秘められた思想は、携帯の未来を占う上で重要。三菱の担当者は「そろそろ携帯にもペリフェラルバスを」と訴える。

 三菱電機はCEATEC JAPAN 2003で、カメラやテレビチューナをモジュール化して脱着できる携帯電話のコンセプトモデルを展示した。CeBIT 2003でも展示されたモデルだが(3月13日の記事参照)、今回は内蔵無線LAN(IEEE802.11b)を動作させ、撮影した画像を画面に表示させるデモを行っている。


端末で撮影した動画を無線LANで送信、会場の液晶ディスプレイに表示するデモを行っている。ただし、端末本来のコンセプトは、無線LANとは別にある

 「カメラが付いてGPSが付いて……携帯が難しい機械になりすぎていませんか?」。三菱の担当者は、そう問いかける。

 多機能を維持した上で、どうやったら、誰もが使いやすい携帯になるのか。三菱の回答は、「画面とキーといったヒトに近い部分を作り上げた上で、機能はアドオンにする」というものだった。

 折りたたみ型ながら、液晶が左右に回転する機構を備える本体。そこに、カメラモジュールやGPSモジュール、テレビモジュール、ゲームモジュールなどを、用途に合わせて脱着して使う。

 機能に特化した操作──カメラのモード選択や、テレビのチャンネル選択・ボリューム選択などは、敢えて本体側ではなくモジュール側に設けることで、「メニュー選択を直感的に分かりやすくする」ことを目指している。


ゲーム、光学ズーム付きメガピクセルカメラ、GPS、デジタルテレビチューナー──。そうした機能を、それぞれ個別のモジュールとして提供する

そろそろ携帯にもペリフェラルバスを

 単にコンセプトを形にしただけでなく、このコンセプトモデルは、未来の三菱端末がどうなるのが望ましいのかを試す、試験的な端末でもある。「いろいろな意味で機能分化」(三菱)が進んでおり、OSも従来の端末と異なる。

 さらに、「携帯にはこれまでペリフェラルバス(周辺機器接続用のバス)という概念がなかった。そろそろ必要な時期ではないか」と担当者。

 機能別のモジュールを脱着するなら、接続のインタフェースは共通化されることが望ましい。ペリフェラルバスといえば、USBなどが考えられるが、「PC向けに作られた何メートルもケーブルを伸ばすことを想定したバスは携帯には不向きではないか」と担当者は考えを話す。

機能ごとに、ソフトもハードもモジュール切り分け

 そして機能の物理的分化に伴って、内部のソフトウェアも分化を進めるべきだと言う。昨今、多機能化する携帯のソフト開発に対応するために、“どのOSを採用するか”はよく話題に挙がる。しかし「中身の話ばかり」(担当者)で、機能をどのように実装していくのかは、あまり進展がない。

 液晶の回転やカメラ、GPSを見るのではなく、機能をモジュールごとに切り分け、さらに対応するソフトウェアもモジュール構造にする──この端末が訴えたいのは、そうしたコンセプトにある。開発効率や信頼性の向上だけでなく、ひいてはそれがユーザーにも優しいインタフェースを実現する。

 この形状のまま市販化する予定はないというが、来年以降の三菱製端末に、このコンセプトが引き継がれることが期待される。



関連記事
▼ 三菱、メガピクセル携帯のコンセプトモデルを展示
カメラが携帯の重要な差別化要因となる中、デジタルカメラとカムコーダ、携帯電話の融合は時間の問題になってきた。三菱電機は各機能を統合させた携帯電話のコンセプトモデルを展示した

▼ 特集:CEATEC JAPAN 2003
アジア最大級となる映像、情報、通信の複合展示会「CEATEC JAPAN 2003」が10月7日、幕張メッセで開幕した。今年は、国内外の667社/団体が出展。IT/電子分野における最先端技術、製品の展示が行われている。


関連リンク
▼ 三菱電機

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!