Mobile:NEWS 2003年11月13日 10:42 PM 更新

シャープ、ベクタデータ使った新「LCフォント」

大小いろいろなサイズのフォントを使いたいが、ビットマップフォントではそろそろ限界。シャープは自由に大きさを変えられる新しい「LCフォント.B」を開発した。第1弾としてボーダフォン向け「V601SH」に搭載される。

 シャープは11月13日、液晶画面に最適化された「LCフォント」を、自由な大きさでリアルタイムに生成する技術を開発したと発表した。ベクタデータを使い、さまざまなサイズや横長、縦長のLCフォントを生成できる。

 採用製品第1弾として、ボーダフォン向けのシャープ製端末「V601SH」に搭載され、同端末では6段階のフォント設定が可能になっている。



モバイル環境にはアウトラインフォントは向かない

 携帯電話向けのディスプレイの重要度が高まる中で、“美しい文字で読みたい”という要望は常にあった。さらにQVGA化など高精細化が進む中で“たくさんの情報を読みたい”というニーズも増してきている。

 文字サイズを可変にすれば問題は解決するのだが、現状の端末には大・中・小程度の選択肢しかなく、自分に合ったフォントは使えなかった。

 その理由は、ビットマップフォントを使っているせいだ。表示が高速で、非力なCPUでも扱いやすいことから現在の携帯電話のほとんどはビットマップフォントを使っている。しかし高精細化が進むにつれ、「32ドットフォントでは約1Mバイト」(シャープ)というように容量の大きさが問題になってきた。さらに複数サイズのフォントを載せると、それだけ容量が増えてしまう。

 では、PCで使われているようなアウトラインフォントはどうか。袋文字のように、文字の周囲をベクタデータで持つアウトラインフォントは、自由に文字の大きさを変えられるというメリットがある。

 しかし、「PCではさっと出るが、携帯のようなCPUでは処理が重いので遅くなってしまう。また、文字を小さくすると見にくくなる。容量も3Mバイトほどになり、携帯にはちょっと載せにくい」とシャープは、アウトラインフォントを載せるにはまだ早いと話す。


左はシャープのLCフォントの表示。右はアウトラインフォントの表示。普通のアウトラインフォントは一定以上に小さくすると表示が乱れてしまう。携帯の文字・小で使われることの多い12ドットフォントサイズなどでは、視認性が低下する

 そこでシャープが開発したのが、今回の「LCフォント.B」だ。携帯のCPUの高速化により、実用化への道が拓けた。ベクタデータの1種で、アウトラインフォントが幅情報を持っているのに対し、中心を抜き出したものになる。

LCフォント.Bビットマップアウトライン
携帯サイズ(12-36)の品位×
省容量×
変形の容易さ×
生成の速さ×
サイズ選択の多さ

 ポイントのひとつは、太さ情報を省略して文字データを構成したこと。これにより「JIS水準7000文字程度 1.3Mバイト程度」(技術本部の小谷章夫主任研究員)と、ビットマップやアウトラインに比べて容量を抑えられる。

 アウトラインに比べてポイント数が少ないので、変形処理も容易になる。シャープによると、「20ドットフォントで比較してもビットマップフォントの5割増し、30ドットフォントでは同じくらいの時間しかかからない」という。現在の携帯で主流のARM9コアのCPUなどで快適に動作し、「1画面の表示に100ミリ秒」を目安にしている。

 サイズを小さくした場合、アウトラインでは表示が乱れるが、LCフォント.Bでは「小さくしていって、行き場がなくなったポイントは省略する。その後でバランスよく再配置する」(小谷氏)というアルゴリズムの工夫で解決した。

 12ドットフォントなどの携帯向けフォントをよく見ると分かるが、複雑な漢字などは判別を妨げない範囲でうまく省略されている。アウトラインフォントの場合、省略などは行わないため、サイズを小さくすると重なりあってつぶれてしまうことがある。LCフォント.Bでは、ベクタフォントでありながら、サイズに応じた省略を可能にしたわけだ。


アウトラインフォントと違い、LCフォント.Bは太さに相当する情報を持たない。12ドットフォントサイズで表示する場合、普通に縮小すると文字がつぶれてしまうが(中)、独自のアルゴリズムにより視認性のよい表示を可能にする(下)

 現在、LCフォントはシャープ製端末に採用されているほか、「N504i」以降のNEC製端末や、パナソニックの「FOMA P2102V」にも使われている。

 QVGA液晶が主流になっていく中で、複数の文字サイズを表示できる環境は必須になってきているが、すべてをビットマップフォントで賄うのはコスト面で問題がある。1種類で自在にサイズを変えられるLCフォント.Bに注目が集まる。



関連記事
▼ シャープ、カラー液晶向けフォントLCフォント.Cを開発、J-フォンの「J-SH07」に搭載
シャープは5月30日、カラー液晶表示に最適化されたオリジナルフォント「LCフォント.C」を開発したことを明らかにした。まず最初に6月末より発売が予定されているJ-フォンの携帯電話「J-SH07」に搭載され、その後順次自社製品に搭載していくという。


関連リンク
▼ シャープ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!