Mobile:NEWS 2003年12月4日 05:16 PM 更新

Microsoftのオープン性に疑問〜立川社長

FOMA向けOSの候補としてSymbianとLinuxを挙げた。「Symbianでなくてはならないとは思っていない。Linuxでもいい」(立川氏)。

 NTTドコモの立川敬二社長は12月4日の会見で、FOMA向けOSについて「ドコモが推奨したいのはSymbianとLinux。Microsoft(の携帯向けOS)はオープン性が担保できない」と話した。

 現在の携帯電話は、OSにTRONなど組み込み向けリアルタイムOSをカスタマイズして使っているが、「3Gではこれを統一したほうがいいだろう」(立川氏)というのがドコモの考え。

 立川氏は統一OSの候補として、Symbian、Linux、MicrosoftのOSを挙げたが、「一本化は無理だろうと思っている。ただし、あまりバラバラなのも問題」。

 「Symbianでなくてはならないとは思っていない。Linuxでもいい」(立川氏)

 ドコモは既にSymbianとLinuxについてFOMA搭載時の仕様を確定した(12月3日の記事参照)。Symbian OSについては富士通が現行のFOMAに採用しているほか(12月10日の記事参照)、NECが「3G向けに以前からLinux携帯を検討している」(NEC)。



関連記事
▼ ドコモ、FOMA向けLinuxの仕様を確定
第3世代携帯電話にLinuxやSymbian OSなど、汎用OSを採用する動きが目立ってきた。ドコモはSymbian OSに続き、LinuxについてもFOMA搭載時の仕様を確定した。

▼ 800MHz帯の3G利用「auは少しズルイ」〜ドコモ立川社長
3Gサービスのために、携帯キャリア3社は2GHz帯の電波の割り当てをもらった。ドコモは、800MHz帯でもFOMAを展開していくにあたり、2GHz帯を補助的にしか使わず800MHz帯をメインとしているauをズルイと表現する。

▼ Symbian OS、そして「Series 60」とは何か
Symbian OSとNokiaのUI、Series 60の組み合わせが、世界のスマートフォン市場で急速にシェアを伸ばそうとしている。Symbian OSそしてSeries 60とは何か。

▼ キャリアを経由しない機能が携帯電話に載る時代に
多機能化が進む携帯電話。今後トレンドの技術がどのように携帯電話に搭載され、どんな方向に進化するのか──。NECの中村常務が今後の携帯電話の方向性を分析した。

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!