Mobile:NEWS 2003年12月9日 03:28 PM 更新

ドコモ、「N505iS」「SO505iS」「SH505iS」を発表

NTTドコモは、有効130万画素CCDカメラを搭載した「ムーバN505iS」「ムーバSO505iS」、有効202万画素CCDカメラを搭載した「ムーバSH505iS」を発表。発売はNが12月10日、SOとSHが12月12日。

 NTTドコモは12月9日、「ムーバN505iS」「ムーバSO505iS」「/mobile/0312/09/n_shis.html">ムーバSH505iS」を発表した。発売はNが12月10日、SOとSHが12月12日。

 「D505iS」「P505iS」に続いて3機種が正式発表されたことで、505iSシリーズすべてが出そろった。富士通製“F”の姿がないが、こちらは別途“iS”とは異なる形で投入されるもようだ。

 ドコモによると、「N505iS」の販売目標数は90万台。同じく「SH505iS」が50万台、「SO505iS」が60万台となっている。


N505iS

 NEC製のN505iSは有効130万画素CCDカメラを搭載し、SXGAサイズの画像を撮影できる。最大6倍/35段階のデジタルズーム機能も備えた。画像はminiSDカードに保存可能だ。

 カメラで撮影した顔の表情を編集できる「フェイス編集機能」を搭載した。編集した画像やダウンロードした画像をチャットメール画面に設定すると、メール本文にある絵文字の内容に応じて表情が変化する「フェイス機能」も利用可能だ。

 メイン液晶ディスプレイは約2.4インチTFTで240×320ピクセル/26万2144色表示に対応。画面を2つに分割して使える「ツインウィンドウ」機能を搭載し、iモードサイトを見ながらメールを作成する、といったことができる。

 音声読み上げ機能を搭載し、受信したiモードメールやチャットメールを読み上げてくれる「メール本文読み上げ機能」を利用できる。


SO505iS

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のSO505iSも有効130万画素CCDカメラを搭載し、デジタルズームは最大16倍/25段階。

 メイン液晶は約2.3インチTFT(240×320ピクセル/26万2144色)。メモリースティックDuoに保存したTV番組を再生できる「モバイルムービー」に対応。またPCでメモリースティックDuoに録音した音楽を聴くことができる「Musicパネル」機能も搭載した。

 回転させながら操作する「ディスクジョグ」ボタンを備え、メールやゲーム利用時にスピーディな操作が可能としている。


SH505iS

 SH505iSはシャープ製。有効202万画素CCDカメラにより1224×1632ピクセルの画像を撮影可能。オートフォーカス機構を搭載し、4種類のオートフォーカスモードやフォーカスロックを利用できる。

 最大20倍/25段階のズーム機能に加え、最大18連写、ライトの色を変えて9枚連写ができる「ブラケット連写」、5枚の連写画像を重ねて合成する「オーバーラップ連写」など多彩な撮影機能を備えた。

 メイン液晶は約2.4インチCGシリコン液晶(240×320ピクセル/26万2144色)。サブディスプレイは1.2インチTFT(6万5536色)で、本体を閉じたままでメニュー画面やメールを表示可能。あらかじめ登録しておいた文章を閉じたままで返信可能な機能も備えた。

 待ち受け画面から日付を入力するだけでスケジュールを呼び出せる機能を搭載した。人名や目的別に表示可能だ。

 3機種の主な仕様は以下の通り。

製品名N505iSSO505iSSH505iS
サイズ(高さ×幅×厚さ)99×50×25ミリ110×51×25ミリ102×50×24ミリ
重さ約117グラム約133グラム約123グラム
連続待受時間/連続通話時間約350時間/約150分約460時間/約140分約300時間/約130分
ディスプレイメイン:約2.4インチTFT(240×320ピクセル/26万2144色)、サブ:約1.1インチTFT(120×160ピクセル/6万5536色)約2.3インチTFT(240×320ピクセル/26万2144色)約2.4インチCGシリコン(240×320ピクセル/26万2144色)、サブ:約1.2インチTFT(160×120ピクセル/6万5536色)
データ通信速度受信時:最大28.8Kbps、送信時:最大9.6Kbps
カラークオーツシルバー、ノクターンブラック、クラレットピンクマンダリンオレンジ、プラチナブラック、ハニーベージュシグナスシルバー、スペースブラック、アクエリアスブルー



関連記事
▼ NEC初のメガピクセル、ツインウィンドウが進化〜「N505iS」
NEC初のメガピクセル端末となる「N505iS」。撮影シーンに合わせて選べる「シーンプログラム」、撮った顔の表情を簡易アニメにしてメール読み上げ時に表示させられるなどユニークな機能を備えている。進化したツインウィンドウにも注目だ。

▼ 音楽も再生できる「SO505iS」
“モバイルAVケータイ”を名乗る「SO505iS」が登場する。メモリースティックDuoに保存したATRAC3形式の楽曲を再生できるほか、テレビ放送などをメモリースティックDuoに録画して、最大2時間の再生が可能だ。ボディも8ミリ薄くなった。

▼ 「N505iS」、気になる価格は
12月10日から発売される「N505iS」。発表を受けて予約を受け付ける店舗も出ているもようだ。価格は店舗によって異なるが、新規で2万9800円−3万4800円の間くらいになっている(ZDNet調べ)。

▼ 特集:505iSシリーズ登場
ドコモのハイエンド端末505iSシリーズ。“F”を除く5メーカーから、冬のラインアップが発表された。独特なヒンジ機構を持つ「P505iS」をはじめ、全機種がメガピクセル以上のカメラを搭載する。「SH505iS」と「D505iS」ではついに200万画素クラスに達した。

▼ 「505iS」シリーズ、“N”と“SH”の新機能が明らかに
ドコモ携帯電話総合カタログの12月号に「N505iS」「SH505iS」が掲載され、スペックや機能が明らかになった。

▼ 「Flexスタイル」を解剖する〜開発陣が語る「P505iS」
用途に合わせて5つのスタイルで使い分けられるのが「P505iS」のFlexスタイル。ユニークなボディの中には、さまざまな実装上の工夫が施されている。P505iSの中身についてパナソニック モバイルコミュニケーションズの開発陣に聞いた。


関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ N505iSの製品情報
▼ SO505iSの製品情報
▼ SH505iSの製品情報

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!