Special
» 2016年03月01日 10時00分 公開

まさに現代のゴールドラッシュ!――「dのオーラ」をまとい明るく楽しい錬金生活 (2/3)

[PR/ITmedia]
PR

まさにゴールドラッシュ! 豪華な特典が付く「dカード GOLD」とは

dポイント

ママ……俺いま、まさに高揚してる。


dポイント

クレジットカードで支払ってポイントが1%付いて、それがdポイントとして使えるって考えたら、あらゆる買い物からポイントが生まれる可能性あるわけっスからね〜。


dポイント

あなたの周りの至るところにdは存在しているわ……。


dポイント

そういえば俺、クレジットカードのポイントって全然考えたことなかったわ。あれどうなってんだっけ(汗)。


dポイント

あいたたー! 先輩かなりもったいないことしてるかもしれないッスね。有効期限があったらせっかくたまっても、どんどん消えますよ。あと、そういうポイントって、商品に交換とか別のサービスのポイントに付け替えたりできることもあるけど、結構面倒くさくないっスか? 結局忘れちゃうし、欲しいものがなかったりするし。


dポイント

確かにな〜。


dポイント

だーかーら、dカードっスよ。これなら支払いはもちろんできるし、アプリでdポイントを確認できるし、そのポイントはすぐ使えるし。せっかくたまったポイントを欲しくない商品に無理やり交換するより、いま欲しいものに使った方がいいっしょ? そう考えると、ドコモの通信費をdカードで支払う意味はかなりでかいっスよ。


dポイント

そうだな、この差はデカイよな……!


 あっ! トクダの額の「d」が濃くなってる! さっきからなんなんだこいつ!

dカード
dポイント

あら? トクダちゃんだいぶdオーラをまとうようになったわね……。


dポイント

まだまだママにはかなわないですよ……。だってママはさらなる高みを極めているからな〜。


dポイント

え? え? まだあんの?


dポイント

欲張る男は嫌いじゃないわ……。これよ。


dカード GOLD
dポイント

ま、まぶしい! ママ、これは……?


dポイント

dカード GOLDよ。ざっくりいうと、dカードは年会費初年度無料だけど、dカード GOLDは1万円(税別)かかる子なの。でもその分、通信費へのポイント付与率が10%と高くて、ケータイ補償も購入3年以内最大10万円と手厚くて、海外旅行保険とかも付いてきて、国内28空港のラウンジも使えて、使っていると、結果的に支払う年会費以上にポイントがたまってしまうかわいい子なのよ。


dポイント

ええっ! 年会費1万円も払うのに、それ以上のポイントが……!?


dポイント

そう。だってポイント付与率が10%だもの。例えばスマホの通信費に月々1万円払っていたら、毎月1000ポイントでしょ。年間1万2000ポイントよ。つまり1万2000円相当の通信費割引ね。


 うおおおおお! 1万円を払って、補償だの保険だの付いて、さらに2000ポイントも余るのか……!

dポイント

ということは、毎月2万2300円払っているオレは、2230ポイントの12カ月分で……2万6760ポイント!?


 い……いかん! ミルクでクラクラしてきた。

dポイント

あと、ママはよく海外旅行に行くしね。


dポイント

そう、世界が私を呼んでいるわ。国内も海外もこのカード1枚で保険まかなえるから助かるわ。あと「JALマイレージバンク」と提携していて、5000ポイントを2500マイルに交換することもできるわ。マイレージはトクダちゃんのdカードも同じ。買い物時のポイント付与率も同じ1%。クレジットカードとしてはどちらもVISAとMaster。これ1枚で安心して旅行できるし、国内ならラウンジ使えるし、チケットもお土産もこれで支払えばポイントがたまるし、たまったポイントはマイルに変えてさらに海外を楽しむこともできるわ。


 りょ、旅行までおトクなのか…!

dポイントカード、dカード、dカード GOLDの違いは?

 ここで整理しよう。

 カネナシの持っているカードは「dポイントカード」。クレジット機能を持たないポイントカードだ。年会費などは一切ないが、ケータイ補償や保険といった付帯サービスはない。ポイント付与率はショッピング、ドコモの通信料どちらも1%である。電子マネーとしては使えないが、JALのマイレージバンクと提携しているので、1ポイント0.5マイルで移行できる。移行単位は5000ポイント以上、移行上限は1カ月あたり4万ポイントとなっている(移行手数料無料)。

 トクダが持っているのは「dカード」。dポイントカードとしても使えるが、クレジットカード機能(VISAとMaster)が付いていることや、電子マネー(iD)として使えるというのが大きな特徴だ。年会費は初年度無料。2年目以降は、前年度に1回もショッピング利用がなかった場合、1250円(税別)、家族会員は400円(税別)かかる。

 この点、ドコモの通信費の支払いをdカードにすれば、難なくクリアできるので安心だ。ケータイ補償は購入1年以内で最大1万円。ポイント付与率はdポイントカードと同じ1%だが、ショッピング保険が最高100万円付いている。2016年3月31日までは入会キャンペーン実施中なので、入会すればもれなく2000ポイントもらえ、入会翌月末までに3万円以上利用すれば、4000ポイントのボーナスももらえる。

 カネナシが熱い視線を送るママのdカード GOLDは、dカードの内容をさらに豪華にしたクレジットカードだ。年会費が1万円必要だが、ドコモの通信費の支払いをdカード GOLDにすると、ポイント付与率はなんと10%。毎月通信費が10%割引になる計算だ。ケータイ補償も購入3年以内最大10万円と手厚い。スマートフォンを2〜3年単位で買い換えている人なら、安心して使えること間違いなしである。

 そして、ママの言う通り旅行が好きな方にうれしいのが付帯サービスだろう。ショッピング保険は最高300万円、海外旅行保険、国内旅行保険ともに最高5000万円(死亡・後遺傷害)が付いており、国内28空港のラウンジが利用できる。もちろん電子マネー(iD)としても使えるし、JALマイレージバンクとも提携している。

 こちらも2016年3月31日まで入会キャンペーン実施中。dカードと同じ特典に加え、利用料金から上限1万円相当が電子マネー(iD)でキャッシュバックされるほか、入会初年度には5000円(税別)分の「ケータイ購入優待券」ももらえるのである。

dポイント dカード GOLDには豪華な特典が付く

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社NTTドコモ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2016年3月31日