Special
» 2018年03月19日 10時00分 公開

仕事に追われるarrows先生 “救世主”は「arrows Tab F-02K」? (3/4)

[arrows先生,PR/ITmedia]
PR

映像出力:ビジネスでもプライベートでも大活躍

 タブレットはスマートフォンと比べて大画面ではある。しかし、出先でのプレゼンをするときや自宅で家族と動画を見るときに「もっと大画面で見せたい(見たい)なぁ……」と思うこともある。

 そんなとき、F-02Kなら「Miracast」や「DisplayPort」を使って映像をテレビやプロジェクターなどに投影できる

 MiracastはWi-Fi(無線LAN)を使って映像を伝送する規格。別売のMiracast映像アダプターをテレビやプロジェクターに接続しておけば、ワイヤレスで映像を伝送できる。Miracast受信機能のあるテレビやプロジェクター、あるいはWindows 10 PC(一部を除く)なら、アダプターを用意する必要もない。

Miracast映像アダプター Miracast映像アダプターの例。その多くはUSB端子から電源を取るようになっている
Miracastで伝送してプレゼン Miracast対応プロジェクターに映像を投影しながらプレゼンをするarrows先生。ケーブルがないので大きく動けて快適だという

 DisplayPortは有線による映像出力規格の1つで、ビジネス向けPCでよく使われているものだ。F-02Kの場合、USB Type-C端子がDisplayPort出力を兼ねている。そのため、出力先に合わせた変換アダプター(ケーブル)を用意する必要がある。動作確認済みのアダプターは、富士通のWebサイトに掲載されている。

 無線を使うMiracastでは、電波状況によっては映像の伝送が不安定になることもある。それに対して、DisplayPortはケーブルで安定して映像を伝送できる。シーンに応じてMiracastとDisplayPortを使い分けると良いだろう。

HDMIアダプター F-02KのDisplayPort出力はUSB Type-C端子と兼用。出力先に合わせて変換アダプタ(ケーブル)を用意しよう(写真はHDMIへの変換アダプタを接続した様子)
有線接続中 変換アダプタを介してHDMI出力。無線の混み合っている場所でも安定して出力できる

 F-02Kは2つのアプリを同時表示する「マルチウィンドウ」にも対応している。

 「PDFの資料とWordドキュメントを見比べる」「動画を見ながらWeb検索」といった使い方ができるこの機能は、Android 7.0以降の標準機能。画面の大きいF-02Kならより見やすく便利に使える。

 マルチウィンドウは多くのアプリと組み合わせて使えるが、“全画面”を前提にしたアプリを中心に、一部非対応のものもある。注意しよう。

マルチウィンドウ F-02Kは「マルチウィンドウ」にも対応する。標準では「1:1(等分)」表示だが、仕切りを動かすことで「2:1(1:2)」表示にもできる

Iris Passport:一瞬でロック解除OK!

 arrowsブランドのスマホ・タブレットは、ハイエンドモデルを中心に生体認証を積極的に搭載してきたことでも知られている。

 今回のF-02Kも虹彩認証「Iris Passport(アイリス・パスポート)」を搭載している。赤外線カメラで両目の虹彩パターンを読み取る虹彩認証(※)は、見つめるだけで認証が完了する。

 その時間は最短で1秒未満だ。画面の右上あたりをなぞるとスリープを解除できる「なぞってON」を有効にすれば、スムーズにロックを解除できる。

センサー回り F-02Kは「Iris Passport」を搭載。赤外線ライトを照射した虹彩を赤外線カメラで読み取ることで認証を行う

 F-02Kには、カード番号やWebサイト・アプリのパスワードを自動入力する「パーソナルノート」という機能がある。自動入力されるデータはセキュアなデータ領域に保存されており、呼び出す際の認証時にIris Passportを使うこともできる。組み合わせて使うととても便利だ。

パーソナルノート

Iris Passportに関する注意事項

  • 通常、Iris Passportは両目の虹彩を登録して認証します。片目しか開けられない場合などを想定して、片目の虹彩を登録・認証する設定も可能ですが、両目のときよりも認証精度が低くなります
  • 虹彩の登録は裸眼で行ってください。登録後はメガネやコンタクトレンズを装着していても認証可能です。ただし、色の濃いサングラスやカラーコンタクトレンズなど虹彩を見えにくくしたり隠したりするメガネ・コンタクトレンズを着けていると認証できない場合があります
  • Iris Passportで使う赤外線ライトは、人体への照射に関する国際基準「IEC62471」に準拠しており、通常の使い方をする限りでは目に悪影響を与えることはありません。ただし、長時間連続して照射し続けないでください

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2018年3月27日

関連リンク:arrows Tab F-02K