Special
» 2018年11月30日 10時00分 公開

ビジネスからエンタメまで 多彩な用途で楽しめるタブレット「HUAWEI MediaPad M5/M5 lite」 (1/2)

日本でもスマートフォンのシェアを着実に伸ばしているファーウェイだが、タブレットについても精力的に新製品を展開している。特に画質や性能などコストパフォーマンスに優れているのが特徴だ。そんなファーウェイの最新タブレット2機種を紹介しよう。(【PR】提供:ファーウェイ・ジャパン)

[PR/ITmedia]
PR

 日本でもスマートフォンのシェアを着実に伸ばしているファーウェイだが、タブレットの新製品も精力的に展開している。特に「この価格でここまでの機能を実現するのか?」と驚くほどコストパフォーマンスに優れているのが特徴だ。そんなファーウェイの最新タブレット2機種、「HUAWEI MediaPad M5」と「HUAWEI MediaPad M5 lite」の魅力を解説しよう。

HUAWEI MediaPad M5 8.4型の「MediaPad M5」と10.1型の「MediaPad M5 lite」

手軽に持ち運べる「HUAWEI MediaPad M5」

 HUAWEI MediaPad M5は、日本で人気の8.4型ディスプレイ搭載モデルだ。ビジネス書などA5判の書籍に近いサイズで、片手でも持ちやすく、通勤や出張時に動画や電子書籍をより快適に楽しむのにベストなタブレットだ。価格はWi-Fiモデルが3万7800円(税別、以下同)、LTEモデルが4万5800円。

 実際にHUAWEI MediaPad M5を手にとって驚くのが、スリムで軽量かつ、質感の良い2.5Dガラスとメタルボディーだ。高価格帯の最新スマートフォンと同じように、ガラスパネルと背面のメタルフレームが一体化したかのような丸みを帯びた形状で手になじむ。シンプルかつ上品なデザインなので、シーンを問わず活用しやすい。

HUAWEI MediaPad M5 画面占有率82%の8.4型2K(2560×1600ピクセル)ディスプレイを搭載。800万画素インカメラと指紋認証センサーも備える
HUAWEI MediaPad M5 背面全体をメタルフレームが覆う。左上に1300万画素カメラを搭載
HUAWEI MediaPad M5 厚さ7.3mmとかなり薄い。重量も約320gと大型スマホをやや重くした程度に収まっている

電子書籍にも便利、高画質かつ見やすいディスプレイ

 8.4型の高精細な2K(2560×1600ピクセル)ディスプレイは、視野角が広くて発色も良好だ。画面のふちもスリムで、82%という画面占有率を実現。手で持ってのタッチ操作が楽な上に、ネット動画なども広い画面サイズと独自の画像調整アルゴリズム「ClariVu」によって、より迫力のある映像を楽しめる。

HUAWEI MediaPad M5 ふちがスリムな分、本体サイズの割により迫力ある映像を楽しめる

 359ppiの高解像度を生かして、マップや電子書籍、Webサイトなどを紙の印刷物に近い繊細さで表示できるのも魅力だ。1画面にやや大きい文字で長い文章を表示できるので、ニュースから専門書まで文章を読み進めやすい。電子コミックの見開きページを大画面で楽しめるのはタブレットならではの特権だ。

HUAWEI MediaPad M5 長い文章を大きめの文字で読みやすいのはタブレットの特権だ

 さらに、ブルーライトをカットしたり、暗い場所で輝度を自動で下げたりして視力を保護してくれる。ビジネスシーンから就寝前まで、ネット動画や電子書籍を長時間快適に楽しめる。

HUAWEI MediaPad M5 視力保護モードをオンにすると、ブルーライトをカットした暖かみのある色となる

こだわりのサウンド性能で、動画もゲームもより楽しめる

 今どきのタブレットらしく、大画面に加えて映像に迫力を加える高品質なスピーカーも搭載。オーディオ機器ブランドのHarman Kardonがチューニングしたステレオスピーカーは、ボーカルの響きと立体感、定位感が優れており、音量もかなり大きい。動画の再生やゲームを迫力ある音で楽しめるのはもちろん、自室でBGMを再生するポータブルスピーカーとしても使える。ハイレゾ楽曲の再生にも対応している。外出先でヘッドフォンを使う場合右は、ワイヤレスヘッドフォンや、付属のUSB Type-Cから3.5mmイヤフォンジャックに変換するアダプターで有線ヘッドフォンも接続できる。

HUAWEI MediaPad M5 本体の上部と下部にHarman Kardonがチューニングしたステレオスピーカーを搭載。左右のステレオ音声を楽しめる

 搭載するプロセッサがKirin 960でメインメモリが4GBと、スマホではハイエンドに近い性能のチップと大容量メモリを搭載しており、大半のゲームも快適に動作する。スマホRPGや最近流行のサバイバル系TPS(三人称視点のゲーム)/FPS(一人称視点のゲーム)などは大画面である分、スマホより遊びやすい。ストレージ容量は32GBで、microSDを使えば増設できる。

HUAWEI MediaPad M5 レースやアクションゲームなどは、スマホよりも大画面タブレットの方が遊びやすい。迫力ある音も楽しめる

 内蔵バッテリーは大容量5100mAhで、フルHD(1080p)の動画を最大11時間近くも再生できるスタミナを持っている。さらに、付属のACアダプターを使えば約1.9時間(ファーウェイ ラボ調べ)でフル充電できる急速充電にも対応している。また、指紋認証によるセキュリティ機能も搭載している。

HUAWEI MediaPad M5 本体下部にはUSB Type-C端子を搭載。付属のACアダプターを使って急速充電できる

 HUAWEI MediaPad M5は“持ち運ぶエンタメマシン”だ。外出時や自宅を問わず、大画面でネット動画やWebサイト、電子書籍、ゲームなどを快適に楽しめる。もちろん、移動しながらビジネスメールをチェック、eラーニングをするといった用途にも適している。普段の持ち歩きがメインなら、LTEモデルを購入してデータ通信専用の格安SIMで運用するのもいいだろう。スマホは大きな画面がいいけど、さらに大きな画面で携帯性の高いモデルが欲しい! という人にオススメできる製品だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:華為技術日本株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2018年12月29日