Special
» 2019年08月01日 10時00分 公開

OPPO「AX7」が4800円で手に入る 今が「IIJmio」デビューのチャンス! (1/2)

格安SIMの老舗ともいえる「IIJmio」で、大盤振る舞いのキャンペーンが実施されている。期間中に新規契約すれば、話題のSIMロックフリースマートフォンが“格安”で手に入る上に、初期費用や月額料金の割引も受けられる。お得に格安SIMデビューを飾ってみては?

[PR/ITmedia]
PR

 簡単な手続きで料金が大幅に安くなることは分かっていながら、なかなか格安SIMに乗り換える踏ん切りがつかない……。そんなキッカケ待ちの人に朗報がある。格安SIMの老舗ともいえる「IIJmio」で、大盤振る舞いのキャンペーンが実施されているのだ。キャンペーン期間中に新規契約すれば、話題のSIMロックフリースマートフォンが“格安”で手に入る上に、初期費用や月額料金の割引も受けられる。

 もともと毎月の通信料が安いことが魅力の格安SIMだが、キャンペーンを利用すれば、そこからさらに安くなるというわけだ。この機会を逃す手はない。IIJmioの「夏トク!キャンペーン」を利用して、お得に格安SIMデビューを飾ってみよう。

IIJmio IIJmioで9月30日まで実施している「夏トク!キャンペーン」

IIJmioの「夏トク!キャンペーン」とは?

 IIJmioの夏トク!キャンペーンとは、新規で音声SIMの回線を申し込むことで、対象となるSIMロックフリーのスマートフォンが格安で購入できるキャンペーンのこと。期間は9月30日まで。8月1日からの第2弾として、日本でもシェアが急上昇中の中国メーカー、OPPOなど複数のスマートフォンが対象になる。条件は「音声SIM」を選び、端末を同時購入するだけだ。

 端末だけでなく、通常3000円(税別、以下同)かかる初期費用が1円になるのもキャンペーンのメリット。格安スマホの月額料金の水準で考えると、2カ月分程度に相当するため、このチャンスを逃すのはもったいない。さらに、その月額料金も、3カ月間1000円割り引かれる。初期費用と料金の割引については、SIMカードのみの契約でも対象になるが、お得であることに変わりはない。「何となく面倒」といった理由で格安SIMに二の足を踏んでいた人は、今がチャンスだ。

IIJmio キャンペーンで割引となるスマートフォン

話題のOPPO製スマートフォンがわずか4800円から

 スマートフォンに性能を求める人にオススメしたいのが、OPPOの「R17 Pro」だ。もともと、同製品は6万7800円だったが、IIJmioは3万9800円に値引きしていた。キャンペーンでは、ここからさらに1万円の割引を受けることができ、2万9800円で購入可能。もともとの価格と比べ、3万8000円も安くなっているというわけだ。R17 Proは店頭でも5万円を超えることが多いため、お買い得だ。

IIJmio OPPOの「R17 Pro」

 さらに、性能が高く、機能もハイエンドと呼べる充実ぶりだ。プロセッサには、Qualcommの「Snapdragon 710」を採用。アウトカメラはF1.5とF2.4の可変式で、明るさに応じて自動的でレンズの明るさを切り替えることができる。明るい場所では白飛びせず、暗い場所ではノイズが少ない写真が撮れるのは、R17 Proの魅力といえる。センサーサイズが1.4μmと大きいのも、夜景撮影のクオリティーが高い理由だ。

 カメラは1200万画素と2000万画素のデュアルだが、これに加えて赤外線カメラも搭載。赤外線を照射することで、4〜5m離れた場所でも、正確な3D情報を取得できる。アウトカメラだけでなく、インカメラの画素数も2500万画素と高く、顔の296点を捉えて補正する「A.I.ビューティー機能」にも対応。アウト、インともに、優れたカメラ性能を誇る端末といえる。

 インカメラはしずく型になっており、結果として画面占有率も91.5%と高い。ノッチが小さいため、映像視聴の際に目につくことも少ないのがうれしい。指紋センサーをディスプレイ内に組み込んだのも先進的なところだ。このモデルが2万9800円は、まさに「破格」と言っても過言ではないだろう。

 キャンペーン対象のもう1機種が、ミドルレンジモデルの「AX7」。AX7は、コストパフォーマンスに優れたモデルで、ミドルレンジながら、背面にはデュアルカメラを搭載。深度を取って背景のみをボカせる、ポートレートモードが利用できる。セルフィー用のインカメラも、1600万画素でF2.0と明るめ。暗いシーンでも鮮やかに撮影可能なHDRモードを備える。

IIJmio OPPOの「AX7」

 バッテリーが4230mAhと大容量なのも特徴だ。ノッチはしずく型で映像が見やすい上に、ミドルレンジながら、ストレージも64GBと比較的大容量だ。もともと2万9800円でコストパフォーマンスに優れていたが、キャンペーン価格はなんと4800円。ちょっとしたスマートフォン用アクセサリーと同じ感覚で買えるため、人気が出そうだ。

3000円の初期費用がわずか1円に、音声SIMなら月額料金が1000円引きに

 端末代だけでなく、初期費用や月額料金にも割引を受けられるのが、夏トク!キャンペーンの魅力だ。しかも、初期費用や月額料金への割引は、SIMカードのみを契約したユーザーも受けられる。まず初期費用だが、これは通常3000円かかるところが、わずか1円に値下げされる。2999円の割引になるが、格安SIMの場合、通信料が3GBで1600円前後のため、約2カ月分に相当する。事実上、1〜2カ月無料で使えると考えることもでき、非常にお得だ。

 その上で、月額料金も3カ月間、1000円の割引を受けられる。月3GBまで高速通信が利用できる「ミニマムスタートプラン」は、キャンペーン対象の音声通話機能付きSIMで月1600円だが、わずか600円になる。月6GBのライトスタートプランも、3カ月間1220円まで下がる。大容量のデータを使ったり、家族でシェアしたりする人に向けた「ファミリーシェアプラン」も12GBで2260円と、破格の安さだ。

IIJmio 9月30日までは、音声SIMが1000円引きとなる

 申し込みの回線数により、その分も割引を受けられる。割引額は2回線で1700円、3回線で2400円、4回線で3100円。音声通話機能の付帯料である700円が、2回線目以降も割り引かれる形で、3人でファミリーシェアプランを使っても、料金は3カ月間、2260円で済んでしまう。IIJmioはミニマムスタートプランやライトスタートプランでも2回線までSIMカードを追加できる柔軟性の高さが特徴の1つだが、こちらも割引の対象。端末の割引は3回線分受けられるため、家族でIIJmioに乗り換えるなら、今がチャンスだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社インターネットイニシアティブ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2019年8月7日