Special
» 2019年12月20日 10時00分 公開

話題のSIMフリースマホを特価販売&プレゼント!IIJmioの年末年始キャンペーン

IIJは、SIMロックフリースマートフォンを特価で販売するキャンペーンと、抽選でプレゼントするキャンペーンを2019年12月20日から実施する。OPPOやXperiaなど、人気のSIMフリースマホをお得に入手するチャンスだ。(提供:IIJmio)

[PR/ITmedia]
PR

 年末商戦真っ只中。各メーカーから、さまざまなSIMロックフリースマートフォンが発売された。MVNOとして通信サービス「IIJmio」を提供しているIIJ(インターネットイニシアティブ)も、売れ筋から最新まで幅広いスマホを取り扱っており、IIJmioのSIMとセットで購入できる。

 そんなIIJが、SIMロックフリースマートフォンをお得に入手できる、2つのキャンペーンを年末年始に実施する。

新春!IIJmio大感謝祭<掘り出し物セール>

 2019年12月20日から2020年1月29日までに「新春!IIJmio大感謝祭<掘り出し物セール>」を実施する。IIJmio向けに販売しているSIMロックフリースマートフォンを、数量限定で特価販売する。音声SIMとセットでといった条件はなく、既にIIJmioを利用している人でも特価で購入できる。新規でIIJmioを契約する場合、音声、データ、SMS付きのSIMを申し込めば特価で購入できる。

 特価で販売するスマートフォンは以下の通り。

  • iPhone 8(64GB)……一括価格:4万9800円(税別、以下同)/分割価格:2105円×24回(12月27日発売予定)
  • OPPO AX7……一括価格:1万2800円/分割価格:580円×24回
  • ZenFone 5Z……一括価格:3万9800円/分割価格:1660円×24回
  • arrows M04……一括価格:9800円/分割価格:450円×24回
  • ZenFone Max Pro(M2)……一括価格:2万4800円/分割価格:1045円×24回
  • ROG Phone……一括価格:5万9800円/分割価格:2525円×24回

 中でも注目したいのは「OPPO AX7」と「iPhone 8(64GB)」だ。AX7は、6.2型の大きいなディスプレイに、2眼のアウトカメラや1600万画素のインカメラ、4230mAhバッテリーを搭載。このスペックで1万円強の価格は驚きだ。

 iPhone 8は2017年に発売されたモデルだが、現状、ホームボタンを備えた最後のiPhoneということもあり、根強い人気を誇っている。幅67.3mm、画面サイズが4.7型という、現行スマートフォンの中では小型のサイズも支持されている。IIJが取り扱うモデルは中古品だが、Aランク品以上の商品のため、特に美品だ。

IIJmio 「OPPO AX7」
IIJmio 12月27日に発売される「iPhone 8」

新春!IIJmio 大感謝祭<抽選で2020名に豪華景品プレゼント>

 同じく2019年12月20日から、SIMロックフリースマートフォンをはじめとする賞品を抽選で2020人にプレゼントする「新春!IIJmio 大感謝祭<抽選で2020名に豪華景品プレゼント>」を実施する。対象となるのは、IIJmio(BIC SIMを含む)を既に利用しており、期間中に応募フォームから応募完了した人。

 キャンペーンは第1弾が2019年12月20日から2020年1月13日まで、第2弾が2020年1月14日から1月21日まで、第3弾が2020年1月22日から1月29日まで、と3回にわたって実施する。どのキャンペーンにも共通するのが、各社のスマートフォンが抽選で当たる「A賞」、同じメーカーの周辺機器が抽選で当たる「B賞」、IIJmioクーポンカード/デジタル2GBが抽選で当たる「C賞」を用意していること。

 ユーザーはまず、A賞で希望するコース(メーカー)を決め、落選した場合、A賞と同じメーカーの周辺機器の抽選対象となる。例えばA賞でASUSのスマートフォンを希望した場合、落選後のB賞ではASUSの周辺機器が抽選で当たるか外れる形となる。A賞とB賞いずれも落選した場合は、C賞の抽選対象となる。

 ユーザーは第1弾から第3弾まで1回ずつ、最大3回まで応募できる。ここからは、賞品の中身を紹介していこう。スマートフォンはハイエンドからミッドレンジまで、各メーカー幅広い機種が用意される。

第1弾:スマホだけでなくB賞も豪華賞品がズラリ

 第1弾では、ASUS、ソニー、富士通コネクテッドテクノロジーズのコースを用意。

 ASUSのA賞「ROG Phone II」は、今回提供される商品の中では最もハイスペックなゲーミングスマホ。12GB/512GBのメインメモリ/ストレージを内蔵しており、バッテリーは大容量の6000mAhに及ぶ。「ZenFone Max Pro(M2)」も5000mAhのバッテリーを内蔵しており、高いスタミナが期待できる。B賞の「TransBook Mini T103HAF」は、スリムでコンパクトな2-in-1ノートPC。eSIMを内蔵しており、IIJmioのeSIMサービスを利用できるのも特徴だ。

IIJmio ASUSの「ROG Phone II」
IIJmio IIJmioのeSIMも使える「TransBook Mini T103HAF」

 ソニーのA賞「Xperia Ace」は、5.0型ディスプレイを搭載した、幅約67mmのコンパクトモデル。カメラはアウトが1200万画素、インが800万画素。インカメラは120度の超広角で撮影できる。

IIJmio ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Ace」

 B賞の「Xperia Hello!」は、ユーザーを識別して話しかけてくれるコミュニケーションロボット。家族の見守り機能やLINEを使ったメッセージ機能も備えている。約15万円と高額なので、これが当たったら、ある意味でスマホよりもお得だ。

 「ワイヤレスステレオヘッドセット(WI-SP500)」は、周囲の音も聞きやすい開放型のワイヤレスイヤフォン。防滴(IPX4)にも対応している。「ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB10)」は、スマートフォンの音楽を重低音再生で楽しめるスピーカー。こちらは防水(IPX5)に対応する。

IIJmio ソニーの「ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB10)」

 富士通コネクテッドテクノロジーズのA賞「arrows M05」は、スマートフォン初心者に配慮した「シンプルモード」を搭載しており、防水やおサイフケータイにも対応する。B賞のarrows helloは、コンパクトな翻訳デバイス。自分や相手の声を翻訳したり、カメラで写した文字を翻訳したりできる。

IIJmio 富士通コネクテッドテクノロジーズの「arrows M05」
IIJmio ポータブル翻訳機「arrows hello」

 高いスペックやバッテリーの持ちを重視する人はASUSコース、小型サイズが気に入った人はSONYコース、スマホを初めて使う人は富士通コースを選ぶといいだろう。

第1弾キャンペーン

  • ASUSコース
    • A賞
      • ROG Phone II/1人
      • ZenFone Max Pro(M2)/1人
    • B賞
      • TransBook Mini T103HAF [64GB] /1人
      • ASUSグッズセット(360度カメラ、ロゴ入り万能クリップ)/8人
  • SONYコース
    • A賞
      • Xperia Ace/1人
    • B賞
      • Xperia Hello!/1人
      • ワイヤレスステレオヘッドセット(WI-SP500)/20人
      • ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB10)/20人
  • 富士通コース
    • A賞
      • arrows M05/1人
    • B賞
      • arrows hello/2人
  • C賞
    • IIJmioクーポンカード/デジタル 2GB/1908人(第1弾〜第3弾)

第2弾:個性的なミッドレンジスマホを選べる

 第2弾ではHUAWEIとmotorolaのコースが登場。

 HUAWEIのA賞「HUAWEI P30 lite」は、毎年Androidで大人気となっている「P lite」シリーズの最新モデル。スリムボディーに約6.15型の液晶を備え、背面には超広角を含む3つのカメラを搭載。B賞のスマートウォッチ「HUAWEI Watch GT II」は、最大で2週間のバッテリー持ちを実現。ノイズキャンセリング付きの完全ワイヤレスイヤフォン「Free Buds 3」や、ネックバンド型のワイヤレスイヤフォン「FreeLace」も見逃せない。

IIJmio 「HUAWEI P30 lite」

 モトローラのA賞「moto g7」シリーズも、ミッドレジのスマートフォン。スタンダードモデルの「moto g7」と、5000mAhのバッテリーを備える「moto g7 power」、最上位モデルの「moto g7 plus」をそろえた。

IIJmio 「moto g7」

 サイズ感や超広角カメラに魅力を感じたらHUAWEIコース、バッテリーの持ちを重んじるならmotorolaコースを選ぶといいだろう。

第2弾キャンペーン

  • HUAWEIコース
    • A賞
      • HUAWEI P30 lite/1人
    • B賞
      • HUAWEI Watch GT II/1人
      • Free Buds 3/1人
      • FreeLace/1人
  • motorolaコース
    • A賞
      • moto g7 plus/1人
      • moto g7/1人
      • moto g7 Power/人
    • B賞
      • オリジナルグッズセット(タンブラー、クリアファイル、パーカ)/1人
  • C賞
    • IIJmioクーポンカード/デジタル 2GB/1908人(第1弾〜第3弾)

第3弾:コスパに優れた話題のスマホを選べる

 最後の第3弾では、OPPOコースとSHARPコースを用意。

 OPPOのA賞「OPPO Reno A」は、防水やおサイフケータイに対応しながら、3万円台という驚きの価格を実現した。冬の新製品では、コストパフォーマンスの高さで要注目のモデルだ。「OPPO A5 2020」は、超広角やポートレート用を含む4眼カメラや5000mAhバッテリーを搭載したモデル。OPPO AX7は、エントリーモデルながら6.2型液晶や4230mAhのバッテリー、1600万画素のインカメラなど必要十分なスペックを持つ。

IIJmio 「OPPO Reno A」

 シャープのA賞「AQUOS sense2 SH-M08」は5.5型のIGZO液晶や2700mAhバッテリーを搭載。日本でニーズの高い防水とおサイフケータイにも対応している。その後継機の「AQUOS sense3 SH-M12」は、約3万円という価格を維持しつつ、プロセッサ、メモリ、バッテリーなどのスペックが向上。アウトカメラは広角+超広角の2眼になった。

IIJmio シャープの「AQUOS sense3 SH-M12」

 B賞の「ドレープフロードライヤー(IB-WX1)」はBluetoothを搭載しており、スマホアプリからドライモードをカスタマイズできる。「ネックスピーカー(AN-SS1)」は、約88gの軽量設計なので、運動や家事をしながら使うのに適している。

IIJmio 「ネックスピーカー(AN-SS1)」

 この冬の新製品の中で、Reno AとAQUOS sense3は、コスパの面で双璧をなすモデル。デザインやカメラなど、自分が重視する部分で選ぶといいだろう。

第3弾キャンペーン

  • OPPOコース
    • A賞
      • OPPO Reno A/1人
      • OPPO A5 2020/1人
      • OPPO AX7/1人
    • B賞
      • ハイレゾイヤフォン/20人
      • グッズ詰め合わせ(傘、自撮り棒、トートバッグ)/20人
  • SHARPコース
    • A賞
      • ドレープフロードライヤー(IB-WX1)/1人
      • ネックスピーカー(AN-SS1)/2人
    • B賞
      • AQUOS sense2 SH-M08/1人
      • AQUOS sense3 SH-M12/1人
  • C賞
    • IIJmioクーポンカード/デジタル 2GB/1908人(第1弾〜第3弾)

 今回のキャンペーンでは、スマートフォンはもちろん、それ以外の周辺機器にも豪華な賞品が集まった。この手のキャンペーンは、新規で契約する人が対象となるケースが多いが、今回は期間中に新規でIIJmioに契約した人はもちろん、「既にIIJmioを利用している人」も対象。早めに申し込みをすれば、第1弾から第3弾まで最大3回、応募の権利が手に入る。乗り換えを検討している人は、ぜひ早めに契約して3回の応募にチャレンジしてほしい。

iijmio

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社インターネットイニシアティブ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2020年1月6日

関連リンク