Special
» 2020年02月03日 10時00分 公開

人気のSIMフリースマホが100円から! 「IIJmio」春のお得なキャンペーンを見逃すな

MVNOサービス「IIJmio」でお得なキャンペーンを3月まで実施している。端末割引、初期費用の割り引き、MNPを条件としたキャッシュバックなどが主な内容。100円で販売しているSIMロックフリースマホもあるので、この機会を逃さずIIJmioへの乗り換えを検討しよう。

[PR/ITmedia]
PR

 春の新生活に備え、MVNOサービス(格安SIM)の契約を検討している人も多いのではないだろうか。そんな人に朗報だ。IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供している個人向けMVNOサービス「IIJmio」で、お得なキャンペーンを実施している。

 2020年2月3日から3月31日まで実施している「2年連続シェアNo.1(※1)記念キャンペーン」では、端末の特価セール、初期費用の割り引き、MNP乗り換えを条件としたキャッシュバックなど、新たにIIJmioを契約する人が大変お得な特典を受けられる。その詳細をチェックしていこう。※料金は全て税別。

※1:MVNE提供分含む。出展:MM総研 国内MVNO市場規模の推移(2019年9月末)

“100円端末”再び 人気SIMフリースマホを大幅割り引き

 今回、特に注目したい特典が、音声SIMとセットで購入する端末の大幅値引きだ。IIJmioでは過去にも人気スマホを100円に割り引いたことがあったが、この大盤振る舞いの特典が復活する。

 今回の“100円端末”は、2018年12月に発売されたOPPOの「AX7」だ。キャンペーン期間中は、通常価格の1万1000円から1万900円引きとなる100円で販売する。AX7のプロセッサはSnapdragon 450とローエンドだが、約6.2型液晶ディスプレイ、4GBメモリ、64GBストレージ、4230mAhの大容量バッテリー、背景ボカシが可能なアウトカメラなど、必要十分なスペックを持つ。まさにスマホデビューするのにふさわしいモデルといえる。

AX7 100円に割り引く「OPPO AX7」

 SIMロックフリースマホでの人気を不動のものにしているファーウェイの端末では、「HUAWEI nova lite 3」を1万5800円から1万円引きとなる5800円で販売する。こちらは2019年2月に発売されたモデルで、約6.21型の液晶ディスプレイ、シーンを自動認識するAI対応カメラ、1600万画素のインカメラ、3400mAhバッテリーなどが特徴。今でも十分通用するスペックといえるだけに、1万円未満で購入できるのはとてもお得だ。

HUAWEI nova lite 3 5800円に割り引く「HUAWEI nova lite 3」

 もう1つ、1万円未満に割り引くのは、2019年3月に発売されたASUSの「ZenFone Max(M2)」だ。こちらは9800円に割り引く。6.3型の大きな液晶ディスプレイや、ミッドレンジのプロセッサであるSnapdragon 632を備え、大容量の4000mAhバッテリーを内蔵する。画面の大きさやスタミナを重視する人にオススメのモデルだ。

ZenFone Max(M2) 9800円に割り引く「ZenFone Max(M2)」

 この他、以下の端末もキャンペーン期間中は割引価格で販売する(割り引き前の価格→割り引き後の価格)。

  • HUAWEI P30 lite……2万3800円→1万4800円
  • OPPO Reno A……2万9800円→1万9800円
  • AQUOS R2 compact SH-M09……2万8800円→1万9800円
  • Xperia Ace……4万2000円→3万1800円
  • iPhone 8 64GB(中古)……4万5000円→3万4500円
  • AQUOS zero SH-M10……4万3800円→3万4500円
  • N-07E(中古ケータイ)……4980円→100円

 なお、AX7、nova lite 3、ZenFone Max(M2)の3機種については、1人いずれか1台のみ割引価格で購入できる。その他の機種は、割引価格で購入できる台数に制限はない。また、特価で購入できるのはIIJmioを新しく音声SIMと対象端末セットで契約した場合のみ。既にIIJmioの音声SIMを使っている人が端末だけを購入しても、特価にはならないので注意しよう。

MNPで契約すると5000円のキャッシュバック

 新規で音声SIMを契約すると、以下の特典も受けられる。

  • 初期費用が1円に
  • 10分かけ放題のオプションサービスが7カ月間無料に
  • 12GBファミリーシェアプランが6カ月間1980円で利用できる
  • MNP乗り換えで契約すると5000円のキャッシュバック(ケータイプランは除く)

 2つ目のかけ放題の無料化について、月額830円×7カ月の割り引きを受けられるため、同額の10分かけ放題オプションが7カ月無料になる。同オプションでは、国内の通話が家族と30分以内、誰とでも10分以内かけ放題になる。家族も含めて通話をすることが多い人にはうれしい特典だ。

 1280円×6カ月の割り引きを受けられる「ファミリーシェアプラン」では、最大10枚のSIMで月間12GBの高速データ容量をシェアできる。他のプランは2枚のSIMしか適用できないので、3人以上の家族で使うのに最適なプランだ。音声SIMだと月額3260円だが、6カ月間は月額1980円で利用できる

 これら2つの特典を掛け合わせると、12GBの高速データ通信と10分かけ放題のサービスが、6カ月間は月額1980円で利用できる。「毎月10GB前後のデータ容量が欲しい」「家族でデータ容量をシェアしたい」かつ「通話もそこそこする」という人にとっては、非常に魅力的な特典だ。

 MNPキャッシュバックは、他社からの乗り換えを検討しているスマホユーザーには朗報だ。キャッシュバックは、既にIIJmioを契約している人がSIM追加で、音声SIMをMNPした場合も適用される。例えばファミリーシェアプランで、IIJmioの音声SIMを5枚、MNPで同時に申し込んだ場合、5000円×5回線分の計2万5000円が手に入る。家族でまとめて乗り換えを検討している人は、ぜひこの機会に動きたい。

 IIJmioではSIMカードを追加して、1つのプランで複数の回線を持つことができるが、その際に手数料として2000円が発生する。また、SIMカードを紛失した際に再発行できるが、その際にも2000円の手数料が発生する。今回のキャンペーンでは、これらの手数料を0円に割り引く。自分はIIJmioを使っていて、妻は他社から乗り換え、子どもに初めてのスマホを持たせるなど、家族の回線を1つのプランにまとめたい場合、SIM追加手数料0円はうれしい特典だ。

 データ/SMS対応のSIMを契約した場合でも、初期費用が1円になる特典を受けられる。初期費用は通常だと3000円なので、2999円の割り引きとなる。さらに、ファミリーシェアプランの割り引きは、音声SIMだけでなく、データ/SMS対応のSIMにも適用される。SMS対応SIMの場合、タイプDなら月額1420円、タイプAなら月額1280円、データ専用SIMなら月額1280円で6カ月間利用できる。IIJmioをデータ専用のサブ回線として使うことを検討している人には朗報だ。


 MNPなら5000円バック、セットで購入する端末が100円から――。今こそIIJmioに乗り換える絶好のタイミングといえる。特に、SIMを追加して複数回線を使う人ほどお得になるので、家族で乗り換えるのに最適だ。この機会を逃さず、お得にIIJmioデビューを飾ってほしい。

IIJmio

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社インターネットイニシアティブ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2020年2月9日