Special
» 2020年03月19日 10時00分 公開

必要な分だけデータ容量を追加 IIJmioのeSIM「データプラン ゼロ」でスマホの使い方が変わる

月末になると、データ容量を使い切って、少しだけチャージをすることが多い人に朗報。IIJが提供している「eSIM」サービスに、正式プランが加わった。正式版eSIMサービス「データプラン ゼロ」は、必要なときだけデータをチャージすることができるため、データ容量を使わない月は月額150円で済む。そのメリットを解説しよう。

[PR/ITmedia]
PR

 大手キャリアが提供している段階制のデータ定額プランは、利用するデータ容量に応じて料金が変わるので、毎月のデータ容量にムラがある人には便利だが、上限に達すると通信速度が制限されてしまう。数十GBや無制限などの大容量プランを契約している人は気にならないだろうが、1GB〜10GB程度のプランを契約していて、小まめにデータ容量を確認しながら使っているという人も多いだろう。

 月間のデータ容量を超えてしまうと通信速度が制限され、速度を元に戻すには、高速データ容量を購入しなければならない。あと数日我慢すれば、月が変わって速度が回復するので……と自分を納得させて、月末は低速のまま使っている人もいるだろう。でも、低速はストレスがたまるし、データ容量をチャージするのはもったいない……。

 そんな人に朗報なのが、IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供している「eSIM」サービスだ。eSIMでは物理的なSIMカードを使わず、通信に必要な「プロファイル」と呼ばれる情報を、オンラインで書き込める。つまりSIMトレイを出して、SIMカードを入れ替えることなく、キャリアやMVNOの通信サービスを利用開始できるのだ。

IIJmio IIJmioのeSIMとキャリアのSIMを併用すれば、スマホをお得かつ便利に使える

 iPhoneを中心に、eSIMに対応したスマートフォンやタブレット、PCは増えており、国内キャリアも含めて、eSIMサービスを提供している事業者は限られる。そんな中で、IIJは、SIMカードを自ら発行できる「フルMVNO」の仕組みを生かし、2019年7月にベータ版としてeSIMサービスの提供を開始した。そして今回、正式サービスとして、3月19日から「データプラン ゼロ」を提供する。

使いたいときだけチャージをする「データプラン ゼロ」

 ベータ版では、月額1520円(税別、以下同)で毎月6GBまでの高速データ通信を利用できるが、ユーザーの要望を聞き、データプラン ゼロでは「使いたい分だけデータが使える」内容に変更した。月額料金は150円で、1GB単位で高速通信をチャージする形となる。

IIJmio eSIM「データプラン ゼロ」の料金

 料金は、毎月1回目の1GBが300円で、2回目以降は1GBで450円となる。例えば1GBを使うのなら150円+300円の450円、2GBを使うのなら150円+300円+450円の900円となる。チャージした容量を超えると、通信ができない状態になるが、チャージするためのWebサイトにはアクセスできる。全くデータを使わないときでも月額150円に抑えられるので、毎月のデータ通信容量にムラがある人でも安心だ。

 なお、チャージしたデータ容量は、その月にしか使えず、余った分を翌月に繰り越すことはできないので注意しよう。また、ベータ版からデータプラン ゼロに変更する場合、いったんベータ版を解約してからデータプラン ゼロに契約し直す必要がある。その際、初期費用の3000円と、プロファイル発行手数料の200円がかかる。

eSIMとデュアルSIMを駆使すればスマホの使い方が変わる

 あらためて、eSIMサービスとデータプラン ゼロのメリットを考えてみよう。iPhoneの場合、「iPhone XS」以降のモデルは「物理SIM」と「eSIM」のデュアルSIMに対応しており、キャリア回線やMVNO回線は物理SIMで使い、IIJmioをeSIMで使うという形に分けられる。スマホを買い足したり、SIMカードを入れ直したりする必要もない。

IIJmio iPhoneは「XS」以降のモデルがeSIMに対応している

 「長年使ったキャリアを解約するのは抵抗がある」「格安SIMだけを使って本当に大丈夫なのか」と、MVNOに対して漠然とした不安を抱いているユーザーが、特にITmedia Mobile読者の周囲には多いと思う。でもeSIMを使えば、今使っている回線を維持しながら、必要なときだけ使える予備回線を手に入れられるわけだ。

 2回線を同時に使うことで、万が一、片方の回線が止まるような事態になっても、もう一方の回線で通信できるというメリットもある。IIJmioのeSIMはドコモ回線を使っているので、ソフトバンクやauの回線を使っている人は覚えておきたい。

IIJmio eSIMを利用するメリット

チャージの料金が圧倒的に安い

 普段はキャリア回線やMVNO回線を使い、サブ回線としてIIJmioのeSIMを使い、キャリア・MVNO回線のデータ容量が足りなくなったら、IIJmioのeSIMに都度チャージすれば、無駄なく運用できる。「データはキャリアやMVNOでもチャージできるじゃないか」と思うだろうが、大手キャリアの場合、データのチャージには1GBあたり1000円かかる。でもIIJmioなら、1GBのチャージは150円の月額料金と合わせて450円と半額以下で済む

 また、大手キャリアは1〜2GBごとに料金が上がっていく段階制のプランも提供している。このプランでは普段は上限の7GBまで使っているが、1段下の4GBや5GBに抑えて、足りない分をIIJmioのeSIMでチャージする方が安くなるケースもある。

iPhoneを中心に対応機種が増加

 IIJmioのeSIMサービスの動作確認が取れた機種は以下の通り。

  • iPhone……iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
  • Android……Google Pixel 4、Google Pixel 4 XL
  • iPad……iPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代)、iPad Pro(11型)、iPad Pro(12.9型の第3世代)
  • ノートPC……Surface Pro LTE Advanced、Surface Pro X、ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE、ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE

 ご覧の通り、大半がiPhoneかiPadで、Androidスマートフォンはまだ少ないが、iPhoneは2018年に発売したiPhone XS以降のモデルが対応しているので、「自分の端末で使える」というユーザーは多いだろう。

IIJmioのeSIMを利用するにはSIMロック解除が必要

 ここで1つ注意したいのが、ドコモ、au、ソフトバンクから購入したスマートフォンでeSIMを使う場合だ。上記3キャリアのスマートフォンにはSIMロックが掛かっており、IIJmioのeSIMを使うには、SIMロックを解除する必要がある。店頭でSIMロック解除をしてもらうと3000円の手数料が掛かるが、オンラインなら無料で行えるので、オンラインで解除するのが断然オススメだ。

 上に挙げたeSIM対応スマートフォンは、SIMロックの解除が可能だが、誰でもすぐに解除できるわけではないことにも注意したい。キャリアから端末を一括で購入した場合、すぐにSIMロック解除できるが、分割払いで購入した場合、現行モデルは購入日から100日たたないとSIMロックは解除できない。分割払いで購入した人は、購入日から100日たっているかどうかを確認しておこう。なおNTTドコモの場合、クレジットカードで端末を購入すれば、分割払いでも100日以内にSIMロックを解除できる。

 SIMロックを解除するには、「My docomo」「My au」「My SoftBank」といったキャリアのサポートサイトにアクセスし、ドコモとソフトバンクはIMEI番号(製造番号)を入力する必要がある。auはロック解除したい機種名を選択して操作を進めていく。手続き完了までの流れは以下のページを確認してほしい。

IIJmioIIJmio 各キャリアのサポートサイトにアクセスし、IMEI番号を入力する(画面はMy SoftBankの場合)

 iPhoneの場合、IMEI番号は「設定」→「一般」→「情報」から確認できる。キャリアのサポートサイトでSIMロック解除手続きが完了した後に、iPhoneにeSIMのプロファイルを書き込んだ時点で、SIMロックは解除される。

IIJmio iPhoneは「設定」→「一般」→「情報」からIMEI番号を確認できる

 IIJmioのeSIMのプロファイルを書き込む方法は、こちらの記事を参照してほしい。

 IIJmioのeSIMサービスは、IIJmio Webサイトからの申し込みとビックカメラ、ソフマップ、コジマの店頭でも「BIC SIM eSIM」のスタートパックを購入可能。店頭ではスタッフに相談しながら購入することができるため、不安な人は店舗を訪れるといいだろう。


 このように、手軽に1回線増やし、「データがちょっと足りない」を補ってくれるIIJmioのデータプラン ゼロ。うまく活用して、より快適にスマートフォンを使ってみてはいかがだろうか。

IIJmio

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社インターネットイニシアティブ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2020年3月25日