Special
» 2020年12月03日 10時00分 公開

iPhoneユーザー必見、先着3000人限定! アンケートに答えてIIJmioのeSIMを体験してみよう (1/2)

発売されたばかりのiPhone 12シリーズを購入した人、または購入を検討している人は多いだろう。iPhone XS以降のiPhoneは「eSIM」に対応しており、これを活用することで、通信費がよりお得になる。IIJmioの「お試しeSIMサービス」では先着3000人にeSIMを配布しているので、ぜひ試してほしい。

[PR/ITmedia]
PR

 iPhone 12シリーズの4機種が10月〜11月にかけて発売された。ラインアップは「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」の4機種。今回はiPhoneでは初めて5Gに対応した他、iPhone 5や4シリーズを思わせるスクエアなデザインに変更され、外見も中身も大きな変貌を遂げたことから、購入した人、または購入を検討している人も多いだろう。

 2018年に発売された「iPhone XS」以降のiPhoneは「eSIM」に対応していることをご存じだろうか。eSIMとは、スマートフォンに内蔵されたバーチャルなSIM。物理的なSIMカードを差し込むことなく、通信に必要なデータを遠隔で書き込むことができる。iPhone XS以降のiPhoneは、nanoSIMとeSIMの両方を使える「デュアルSIM」をサポートしている。つまり2つのSIMを同時に運用できるのだ。

IIJmio iPhone 12シリーズをはじめとする現行iPhoneでは、nanoSIMの他にeSIMを利用できる

iPhoneでeSIMを使わないのは宝の持ち腐れ

 せっかくデュアルSIM対応のiPhoneを持っているのに、eSIMを使わないのは宝の持ち腐れ。でも、いきなりeSIMと言われても、どこで契約できるのか分からない人も多いだろう。それもそのはず、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3キャリアは、そもそもeSIMのサービスをスマートフォン向けには提供していない(2020年12月3日時点)。国内でeSIMサービスを提供している事業者は限られ、今回紹介するIIJ(インターネットイニシアティブ)を始めとする数社しかない。

 IIJといえば、コンシューマー向けのMVNOサービス「IIJmio」がおなじみだが、このIIJmioでeSIMのサービスも提供している。ぜひ使ってみたいところだが、初期費用や毎月の利用料金が発生するので、ハードルが高いと感じる人もいるだろう。

 そこで今回、IIJmioとITmedia Mobileの特別タイアップ企画として、アンケートに回答すると無料でeSIMを試せる「お試しeSIMサービス」を実施する。面倒な契約は不要、eSIMを2GB、1カ月間体験できる。利用するためのエントリーコードを先着3000人に配布するので、興味のある人は早めに応募してほしい。

IIJmio×ITmedia特別タイアップ企画 お試しeSIMサービス概要


eSIMを使うメリットは?

 早速試したいところだが、その前にeSIMのメリットを考えてみたい。

 まずiPhoneの場合、nanoSIMとeSIMを同時に運用できるため、nanoSIMはメイン回線の大手キャリアを利用しながら、サブ回線としてIIJmioのeSIMを、といった使い分けができる。これまでメイン回線をiPhoneで、IIJmioをAndroidスマートフォンで使っていた人も、eSIM対応のiPhoneなら1台でメイン回線もサブ回線も使えるようになる。

IIJmio eSIMならキャリアを解約せずに利用できる。またIIJmioのeSIMは1GBから利用できる

 現在、大手キャリアを使っているけど、格安SIM(MVNO)にも興味がある。でも今のキャリアを解約するのは抵抗があるし、格安SIM用にわざわざスマートフォンを追加購入するのは負担が大きい……。そんな人にも、IIJmioのeSIMは打ってつけだ。デュアルSIM対応のiPhoneなら、2回線を同時に利用できるので解約する必要はないし、スマートフォンを追加で購入する必要もない。

 そしてeSIMならではのメリットとして、簡単に手続きができることも挙げられる。物理的なSIMが不要なので、ショップに出向いて契約をしたり、郵送でSIMが送られてくるのを待ったりする必要がなく、オンラインで簡単に申し込みから開通までを完結できる。

アンケートに答えれば無料でeSIMを入手できる

 eSIMのメリットが分かったところで、お試しeSIMの申し込み手順を説明していこう。

 お試しeSIMは、面倒な手続き不要で、アンケートに答えれば無料で入手できる。初期費用や月額料金も発生しない。

 まず、専用サイトにて、氏名、メールアドレス、電話番号を登録してエントリーコードを申し込む。約1週間後、登録したメールアドレスあてにエントリーコードとお申し込みページのURLが届くのでサイトにアクセスしよう。ここで、エントリーコードを入力してアンケートに回答すると、アクティベーションコードのURLが送付される。

IIJmio エントリーコードを入手したら、お試しeSIMサービスのWebサイトにアクセスし、「エントリーコード入力はこちら」をクリック
IIJmio エントリーコードを入力してアンケートに答えると、アクティベーションコードのURLが送付される
IIJmio メールに記載されている、アクティベーションコードのURLにアクセスする

 URLにアクセスしたら、eSIM電話番号とパスコードを入力しよう。すると、アクティベーションコードのQRコードが表示される。

IIJmio eSIM電話番号とパスコードを入力すると、QRコードが表示される

 次はiPhoneでの操作になる。「設定」→「モバイル通信」から「モバイル通信プランを追加」を選ぶと、QRコードの読み取り画面が立ち上がるので、送付されたアクティベーションコード(QRコード)を読み取ろう。その際、QRコードはPCやタブレットなど、iPhone以外の端末で表示させる必要がある。QRコードを読み取った後は主回線か副回線か、回線の名称などを決め、画面の指示に従って進めば設定完了だ。

IIJmio アクティベーションコード(QRコード)をiPhoneで読み取る
IIJmioIIJmio 読み取ったら、主回線か副回線かを決める。回線の名称も変更できるので、「IIJ」としておくと分かりやすい(写真=左)。「設定」→「モバイル通信」の「モバイル通信プラン」から、IIJ回線が追加されたことが確認できる(写真=右)
IIJmio ピクトエリアに「IIJ LTE」と表示されていればOK

 お試しeSIMは2GBまでのデータを利用でき、2GBを超過した後は通信できない。通信の有効期限は、アクティベート後から1カ月間。また申し込みは1人につき1コードまでとなる。

 エントリーコードは2020年12月3日から12月9日までの第1回と、2020年12月10日から12月16日までの第2回に分けて配布する。エントリーコードの有効期限は第1回が12月15日から12月28日まで、第2回が12月22日から2021年1月4日までなので、コードを入手したら早めに申し込んでおこう。

 なお、IIJmioのeSIMを利用するには、SIMロックフリーのスマートフォンを用意する必要がある。キャリアから購入したスマートフォンには、原則としてSIMロックが掛けられているので、SIMロックを解除してからeSIMを利用しよう。またiPhone 12シリーズで5G回線で音声通話をすると、4G LTEのデータ通信(eSIM)が利用できなくなるので注意したい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社インターネットイニシアティブ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2020年12月16日

お試しeSIMエントリーコードのお申し込みはこちら!