Special
» 2023年07月20日 10時00分 公開

どちらを選ぶ? カメラを極めた「AQUOS R8 pro」とお手頃ハイエンド「AQUOS R8」 2機種の魅力を徹底検証(2/2 ページ)

[PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2       

自然の美しさをそのまま表現できる、ライカカメラ社監修のAQUOS R8 pro大型1型カメラ

 AQUOS R8 proにはライカカメラ社が監修した、大型1インチの4720万画素センサーとF値が1.9、焦点距離19mm相当の7枚構成「ズミクロン」レンズのカメラを搭載。大型センサーでより多くの光を取り込むことで、鮮やかな発色と高感度撮影性能を実現した。全面位相差AFによりフォーカス速度も高速だ。

 新たに14chスペクトルセンサーを搭載したことで、複雑な室内照明下でもより見たままに近い色合いで撮影できる。オート撮影ではAI処理性能が向上したことで、人物や料理だけでなく犬や猫の早い動きでも追いかけて瞳にフォーカスできる。また、星空や花火の撮影モードも搭載した。

AQUOS R8 pro ライカカメラ社のズミクロンの表記が映えるAQUOS R8 proのカメラ。新たに14chスペクトルセンサーも搭載した。カメラの配置が中央なのでフレーミングしやすく、指がカメラにかかる状況も抑えられる

 AQUOS R8はライカカメラ社監修のレンズ「ヘクトール」を搭載した5030万画素1/1.55型23mm相当の標準カメラと、1300万画素 17mm相当の広角カメラを搭載。HDR撮影の処理が前機種AQUOS R7と比べ約40%向上したことで、明暗差の激しいシーンでも連続で撮影しやすくなった。こちらもAI処理が高速化し、シーンに合わせた最適な撮影設定へと素早く切り替わる他、犬や猫にも素早くフォーカスを合わせられる。

AQUOS R8 pro AQUOS R8もAQUOS R8 proゆずりの高速AIによる撮影処理機能を搭載する

 実際の作例をAQUOS R8 proを中心にいくつか撮影した。まず驚かされるのは、鮮やかな被写体や風景を見たままに近い深みのある色で表現できる点だ。明暗差の激しいシーンも、メリハリの効いた絵作りながらも豊かな快調表現で白飛びや黒つぶれを抑えて撮影できる。撮ったままの写真が美しいのはもちろん、自分好みにレタッチしたい人にとっても扱いやすい。

AQUOS R8 pro 撮影画面ではマルチフォーカスの他、設定でガイド線やヒストグラムを表示できる。マニュアル撮影時は水準器や黒潰れ・白飛び警告の表示も利用できる
AQUOS R8 pro 晴天下の太平洋に面した岬を撮影。色はほぼ見たままで、光の透き通る海面を鮮やかに表現できている
AQUOS R8 pro 室内の電球色と昼の外光がミックスした難しい環境で食事を撮影。見た目に近いバランスで撮影できた

 もちろん夜景にも強い。オート撮影では見たままの印象に近い明るさを維持し、ナイトモードを指定すると明るく鮮やかな撮影結果になる。AQUOS R8 pro/R8ではさらに処理速度が向上しているので、夜景もサクサクと撮影できる。

AQUOS R8 pro ナイトモードで撮影したが、奥の華やかな夜景を鮮やかに表現しつつ、手前のほぼ暗闇の歩道も黒つぶれせずにしっかりと描写できている。また、処理速度が向上したのでサクサク撮影できる
AQUOS R8 pro
AQUOS R8 pro 上がAQUOS R8 pro、下AQUOS R8で撮影。日がほぼ沈みつつあるブルーアワーの時間帯、店の照明が目立ち始める時間帯だ。いずれもうまく撮影できているが、AQUOS R8 proの方が14chスペクトルセンサー搭載もあってか、空の青さや店頭の色合いを正確に表現できている
AQUOS R8 pro AQUOS R8のカメラも高品質だ。一般的なスマートフォンに近いカメラ構成なので、被写体に近づいての撮影も苦にしない

 旅行活動が活発になっているなか、透き通るビーチや鮮やかな建物や花火のレジャースポット、豊かな自然を撮るならAQUOS R8 proが必須だと思わせられる性能だ。また、AQUOS R8のカメラも日常生活から夜景までを、HDR処理や、AQUOS R8 proゆずりの高速なAI処理によって見栄えのいい写真を撮影できる。

カメラ重視のAQUOS R8 proと機動力重視のAQUOS R8、どちらを選んでも満足できるはず

 ここまで、AQUOS R8 proとAQUOS R8について解説してきた。これから旅行先で豊かな色合いの写真を撮りたい人や性能を追求したい人にはAQUOS R8 proがおすすめだ。大型センサーの表現力は一般的なスマホは再現できない。普段プロ仕様のカメラを利用している人にとっても魅力的に感じるモデルに仕上がっている。

 一方で、普段使いやビジネスで効率よく作業できる軽量・高性能モデルが欲しいならAQUOS R8が適している。AQUOSの軽量かつ多機能な点が気に入っている人にとっては待望のハイエンドモデルといえる。他社モデルと比べても、ここまで軽量かつ高性能でバッテリー持ちのいいハイエンドモデルはなかなかない。

 そして、どちらのモデルも高画質ディスプレイでの動画視聴や、高性能プロセッサによる快適なアプリやゲーム環境、高い省電力性能を実現している。ハイエンドスマホを使いこなしている人はもちろん、AQUOS senseシリーズから長く使えるハイエンドへステップアップしたい人も、この夏のAQUOS R8 proまたはAQUOS R8への買い換えを本格的に検討してみてはいかがだろうか。

お得なキャンペーンもお見逃しなく

 この夏、シャープではAQUOS R8 proやAQUOS R8、さらにAQUOS sense7購入者に向けたお得なキャンペーンを実施する。購入を考えている人は購入前にキャンペーンページを必ずチェックしておこう。

docomo AQUOS R8 proデビューキャンペーン

 期間中ドコモAQUOS R8 pro SH-51Dを購入し、キャンペーンに応募すると、もれなくdポイント2万ポイントプレゼントする。

AQUOS R8 pro ドコモ向けのキャンペーン

SoftBank AQUOS R8 pro AQUOS ガチャWキャンペーン

 機種購入前にガチャに挑戦し、ソフトバンクAQUOS R8 proを購入し、キャンペーンに応募するとPayPayポイント最大3万ポイントプレゼント。さらに応募者の中から抽選で1000人にジンバルをプレゼントする。

AQUOS R8 pro ソフトバンク向けのキャンペーン

docomo AQUOS R8デビューキャンペーン

 期間中ドコモAQUOS R8 SH-52Dを購入し、キャンペーンに応募すると、もれなくdポイント1万5000ポイントプレゼントする。発売日よりキャンペーン開始予定。

au Online Shop・UQ mobile オンラインショップ限定 AQUOS sense7 サマーキャンペーン

 期間中、au Online ShopまたはUQ mobile オンラインショップでAQUOS sense7 SHG10を購入し、キャンペーンに応募すると、もれなくPontaポイント コード3000ポイントをプレゼントする。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2023年7月26日