PHS【ぴーえいちえす】

【国内記事】 2001年7月16日更新

 PHS(Personal Handyphone System)は,1.9GHzの周波数帯を利用する携帯電話の方式である。TDMAのデジタル方式だが,上りと下りの周波数が同じTDD(Time Division Dupulication)を採用しているため,上り下りに別の周波数を使うFDD(Frequency Division Dupulication)方式のPDCとは,そのシステムはもちろんのこと,サービスの概念もまったく異なっている。

 PHSは,当初家庭用コードレスホンがそのまま外でも使えるというコンセプトで登場した。屋外では携帯電話,家庭内ではコードレスホンと,シームレスに利用できるのが特徴。また,2台のPHSをトランシーバのように利用でき,ビジネスやホームユースのほか,レジャー分野などでの活躍も期待されていた。

 しかし家庭で使うためのデジタルコードレスホン(親機)に対するニーズがそれほどなく,また各メーカーも商品化に積極的でなかったことから,PHSは携帯電話の簡易版としてのイメージが浸透してしまい,携帯電話と市場で競合することになった。やがて携帯電話の料金が下がるとともに,サービスエリアの狭さや通話品質の不安定さから,ユーザーのPHS離れが起き始め,PHS事業会社は次々と清算,合併の道をたどってしまったのは周知のとおりである。

 しかしPHSには,PDC方式の携帯電話では成し得ない32Kbpsという通信速度を,標準で利用することができる。このデータ通信規格は「PIAFS」と呼ばれ,PHS各社の標準となっている。現在は32KbpsのVer.1.0に加え,2チャネルを利用する64KbpsのVer.2.0/2.1/2.2が登場している。

 現在のPHSは,ADPCMを使った高い通話品質と,高速なデータ通信機能,小型軽量の本体サイズなどを長所としており,特にデータ通信用途に好んで用いられている。

[江戸川,ITmedia]

関連記事
▼ PHSで1Mbpsの真実──総務省の示した次世代PHSの姿
▼ PHSの知られざる活用法(上)「PHSを家庭内のコードレス子機にする」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!