「iモーション」の概要が明らかに──“青いFOMA”

年内にサービス開始を予定しているFOMAの動画クリッピングサービス「iモーション」の概要が明らかになった。最大100KバイトのASFファイルを使い,30秒の動画,100秒程度の音楽再生が可能になる。

【国内記事】 2001年10月30日更新

 東京国際フォーラムで10月30日,「モバイル・ビジネス2001」が開催され,NTTドコモの夏野剛氏が講演に立った。講演では「最大100KバイトのMPEG-4」ファイルサイズ,「動画なら最大30秒,音声なら最大100秒程度」といったFOMAの動画クリッピングサービス「iモーション」の概要が明らかにされた。

Photo
iモーション対応のFOMA端末を手にした,NTTドコモiモード事業本部iモード企画部長の夏野剛氏

青いFOMA──ファイルサイズは最大100Kバイト

 夏野氏は未発表の“青いFOMA端末”を手にして登壇。年内にサービス開始を予定しているFOMA向け動画クリッピングサービス「iモーション」について概要を説明した。

 「動画そのものに価値があるわけではない。コンテンツとしては追加機能」と,夏野氏はiモーションの位置付けを説明。待ち受け画像や着メロ,Javaといったこれまでのiモードのダウンロードサービスの延長線上にiモーションがあることを強調する。

 ニュースサイトでテキスト情報を読み,必要ならばその先にある動画をダウンロードして視聴したり,写真集サイトで静止画コマ送り+音声でプロモーションを行う,あるいは音声のみを提供して音楽のプロモーションを行うといった活用例が示された。

 提示されたスライドによると,iモーションの動画ファイルはM-stage visual同様「ASFファイル」形式。圧縮方式には携帯機器向けのデファクトスタンダードのMPEG-4を使う。特殊なサーバを必要とするわけではなく,ファイルはコンテンツプロバイダのサーバに置けばいいようだ。

Photo

 ファイルサイズは予告されていた通り最大で100Kバイトの予定(3月9日の記事参照)。音声付き動画ファイルなら30秒程度,音声のみなら100秒程度の視聴が可能になるという。FOMAで100Kバイトのファイルをダウンロードした場合の試算料金も示された。

パケットパック名 iモーションファイルDL料金 1パケット単価
パケットパック80 15.6円 0.02円
パケットパック40 39円 0.05円
パケットパック20 78円 0.01円
パケットパックなし 156円 0.2円

Photo
講演では新FOMA端末を使ったiモーションのデモンストレーションも行われた

FOMAユーザー,既に1万人

 10月1日に本サービスが開始されたFOMAだが,夏野氏によると「サービス開始から1カ月で,もう1万人以上が利用している。来年3月には15万人を予定している」という。

 FOMA端末は年内にiモーション対応端末が発売され,来春にはM-stage visual,music対応機,PDA型などが登場する予定になっている。

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!