KDDI,ソニー・エリクソン製の「C1002S」,三洋製の「C1001SA」を発表

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズがついに始動。第1弾は,KDDI向けの折りたたみ型cdmaOne端末だ。

【国内記事】 2001年11月8日更新

 KDDIは11月8日,国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」に対応した三洋製「C1001SA」,ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「C1002S」をそれぞれ12月中旬から発売すると発表した。

 「C1000シリーズ」は,従来のC4xxシリーズの後継シリーズ名。KDDIは12月から3ラインナップ構成に移行するが,「ハイパフォーマンスタイプ」「スタンダードタイプ」「シンプルタイプ」のうち,シンプルタイプ に当たる。

 機能としても4xxシリーズを引き継ぎ,WAP2.0には非対応。JavaやBREWも搭載されていない。

機能 ハイパフォーマンス スタンダード シンプル
EZweb
@mail
WAP2.0
ezplus(Java)
eznavigation(gpsOne)
ezmovie

世界初,ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製端末

Photo
ボディカラーはブラック,ホワイト,オレンジの3色(クリックで拡大

Photo
それぞれ着せ替えパネルが3つ付属する。写真はホワイト

 ソニーとEricssonが合弁で設立したソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが初めて製造するのがこの「cdmaOne C1002S」だ。

 6万5000色表示が可能な半透過型TFT液晶を搭載し,着信メロディは16和音。「直径18ミリの高品質スピーカーを搭載」と謳われている。背面には24色の着信LEDを搭載し,相手によって色を設定できる。

 文字入力機能としては予測変換機能「POBox」を(6月7日の記事参照),これまでのソニー製端末から引き続き搭載。液晶背面のパネルは,「C406S」同様に着せ替え可能になっており,各色3種類が付属する。また,別売りパネルも用意される。

Photo
C1002S用に用意される着せ替えパネル

 主な仕様は以下の通り。

連続通話時間 約200分
連続待受け時間 約200時間
重量 約105グラム
サイズ 幅46×高さ92×厚さ28ミリ(折りたたみ時)
カラー ホワイト,ブラック,オレンジ
価格 オープンプライス
発売時期 12月下旬より

TFT液晶を搭載した「GLOBAL PASSPORT」モデル

 三洋電機製の「cdmaOne C1001SA」は,6万5000色半透過型TFT液晶を搭載した「GLOBAL PASSPORT」モデル。従来の「C412SA」同様,米国,カナダ,韓国,香港,オーストラリア,ニュージーランドの6カ国で利用できる。今後はブラジル,メキシコでも提供を予定している。

 着信メロディは16和音。背面には「おしらせディスプレイ」が配置され,着信相手や電池残量,時刻などを確認できる。

Photo
外見上は「C412SA」と大きな変化はない。TFT液晶が搭載されたのが最大の違いだ。写真はシルバー

 主な仕様は以下の通り。

連続通話時間 約130分(日本国内使用時)
連続待受け時間 約190時間(日本国内利用時))
重量 約101グラム
サイズ 幅49×高さ94×厚さ24ミリ(折りたたみ時)
カラー シルバー,ピンク
価格 オープンプライス
発売時期 12月中旬移行

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!