KDDI,「GPSケータイ」「ムービーケータイ」を12月から発売

KDDIが発表した「C3000」「C5000」シリーズは,位置情報,動画再生というこれまでの携帯にない機能を持った端末群。第3世代携帯電話向けのサービスを一足早く提供する。

【国内記事】 2001年11月12日更新

 KDDIは11月12日,GPSを使ったナビゲーション機能「eznavigation」,動画配信機能「ezmovie」,WAP2.0に対応した携帯電話サービスを12月より全国一斉に提供開始すると発表した。新サービス対応機種として,「GPSケータイ」と名付けられた「C3001H」「C3002K」,および「ムービーケータイ」と名付けられた「C5001T」を12月上旬から発売する(端末の詳細はこちら)。

Photo
ハイパフォーマンスモデルの「ムービーケータイ」こと,「C5001T」を手にするKDDIの小野寺正社長

目玉は「GPSケータイ」

 「電話をかけると,“今どこにいるの?”からまず始める。それだけ位置情報とは重要なものだ」。壇上に立ったKDDIの小野寺正社長は,まず位置情報の重要性をアピール。GPSを利用して精度が数メートルに向上した新サービスの有用性を説く。

 新サービスの目玉は,高精度の位置情報サービス「eznavigation」だ。これはQualcommの「gpsOne」技術を使い,GPS衛星からの電波から位置を割り出すもの(4月4日の記事参照)。「端末の大きさを変えることなくGPSレシーバーを乗せた」(KDDIのau商品企画本部インターネットビジネス部長,高橋誠氏)

 同サービスで提供される位置情報はメールに添付して送ることもでき,「友人と待ち合わせるときに,自分の位置をメールで送信できる」(高橋部長)

 地図コンテンツ以外にも,位置情報と連動したコンテンツを表示するJavaで書かれたezplusアプリケーション,位置情報と連動した会話を楽しめる「シーマン」など,当初約20のコンテンツが用意される予定だ。

Photo
地図を使ったナビゲーション向けコンテンツ。エディアが提供する「とほナビ」は自分の歩いた跡をプロットしてくれる,まさにポータブルナビゲーションだという

Photo
東芝の駅前探検倶楽部もeznavigationでバージョンアップ。最寄駅まではルート付き地図を表示してくれるという

Photo
実用系だけでなく,コミュニケーション系のコンテンツにも位置情報が話題として使われている

Photo
位置情報に依存したコンテンツを配信するezplusコンテンツも

 また新端末の1つ日立製の「C3001H」は,位置情報提供・救急信号・現場急行サービス「ココセコムEZ」に対応(7月19日の記事参照)。電話やWebページで該当する端末のユーザーの現在位置を確認できるほか,トラブル発生時には「コールボタンを強く2度押す」(KDDI)ことで救急信号を送信すると,セコムの隊員が駆けつけるサービスも提供される。

 さまざまな調査でも,位置情報はキラーコンテンツとなり得るという結果が出ており,KDDIはビジネスソリューションにも展開していく考えだ。「GPS+Javaで法人のソリューションが出てくる。コンシューマ市場に加えて積極的に取り組みたい」(高橋部長)

自作動画も閲覧できる「ムービーケータイ」

 発表された3機種のうち,東芝製の「C5001T」は動画配信・再生に対応。MPEG-4を使った15秒ほどの動画をWebからダウンロードして再生できる(10月2日の記事参照)。「12月の段階で60の(動画コンテンツ)サイトを用意している。早い段階で100サイトにもっていきたい」(高橋部長)

 WAP2.0で「誰もが簡単に一般サイトを作成できる」ことを特徴としているように,今回のKDDIは公式ではないコンテンツを支援する姿勢を強調する。動画に関しても,デジタルカメラなどで撮影した動画を,PC上で専用ソフトにより変換。メールに添付して,ムービーケータイに送ることができるという。「一般の方が作成するコンテンツが我々を支援してくれる」(高橋部長)

 変換ソフト「ezmovie作成ソフト」はKDDIのWeb上で無償でダウンロードできる予定だ。

動画配信に向けて料金体系も調整

 動画の提供に関連して,料金体系も調整。現行の「EZweb@mail」に代わり,新機種専用のEZwebサービスコースとして「EZwebmulti」が新設された。

 EZwebmultiには1時〜17時のお得タイムが設定され,この間のパケット代金は0.2円/パケットと割り引かれる。さらに1アクセス当たり100パケットを超えた部分については0.1円/パケットとより低価格になる。Eメールに関しては従来通り,0.27円/パケットの料金が適用される。

EZwebmulti
お得タイム(1:00〜17:00) 標準タイム(17:00〜1:00)
1アクセス当たり100パケットまで 1アクセス当たり100パケット超の部分 一律
0.2円/パケット 0.1円/パケット 0.27円/パケット

 「お得タイムでは,10Kバイトの地図が約16円,100Kバイトの動画が約88円」(KDDI)。さらに「PacketOneミドルパック」「PacketOneスーパーパック」を利用することで,さらにパケット通信料が割引になる。

 ただし“100パケット以上”の割引がされるのは,“1アクセスあたり”だということに注意する必要があるだろう。約12Kバイト以上の大きさのWebページやezplusアプリケーション,ezmovie動画などが割引対象で,合計100パケット以上で割引という意味合いではない。またメールに動画を添付した場合,0.27円/パケットの料金が適用される。

Photo
大きなファイルは安くなる,という料金体系を新設。パケットパックを利用することで,さらに安価にデータ受信が可能。

 特にムービーケータイでは64Kbpsのパケット通信が必須となるため,「高速パケットサービス」にも優遇措置が取られる。現行の「PacketOne64」を名称変更した「高速パケットサービス」は,通常14.4Kbpsの通信速度を64Kbpsに高速化する月額600円のオプションサービス。EZwebmultiと高速パケットサービスを併せると,200円割引の700円で利用できる。また,2002年3月までは月額300円の特別キャンペーンが行われる。

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!