News 2001年3月7日 09:00 AM 更新

パーム,メモリ8Mバイトの「m105」発表

「m100」のメモリを増強した兄弟機が登場する。フェイスプレートも19色に増え,女性ユーザーへの浸透を図る。

 パームコンピューティングは3月7日,Palm OS搭載のハンドヘルド端末の新機種「m105」を3月9日に発売すると発表した。価格は2万4800円。

 m105は低価格なエントリーモデルとして発売されている「m100」の兄弟機となる(2000年8月8日の記事参照)。「m100はエントリーモデル,m105はアプリケーションモデル」(パームコンピューティング)という位置付けだ。

 ポータブルキーボードやレザーフリップケースなどのアクセサリーはすべてm100と共用できる。製品のデザインは基本的にm100と同等であり,変更されたのは以下の点だ。

  • m100の4倍のメモリ容量──8Mバイト
  • Palm HotSyncシリアルクレードル同梱
  • MultiMail SE付属

 逆に,m100に付属していたHotSyncケーブルは付属しない。また,CPU,ディスプレイ,Palm OSのバージョンなどは変更されておらず,マスクROMを使っており,OSのバージョンアップはできない点もm100と同じだ。

 「MultiMail SE」は,m105本体から直接電子メールを送受信するためのソフト。パソコンとの同期を必要とせず,サードパーティ製のモデムなどを利用して直接インターネットメールを読み書きできる。MultiMail SEはプリインストールされているわけではなく,付属のCD-ROMからインストールする必要がある。

 m100とm105の主な仕様は以下の通り。

製品名m105m100
価格2万4800円1万9800円
画面サイズ160×160ピクセル,モノクロLCD
重さ137グラム
サイズ(幅×高さ×厚み)79×118×18ミリ
メモリ(RAM)8Mバイト2Mバイト
メモリ(ROM)4Mバイト
インタフェースシリアルポート,赤外線
搭載OSPalm OS 3.5.1日本語版
電源単4乾電池2本使用

 また,m100シリーズと共用のフェイスプレートに,新たに14色が追加される。当初は6色が発売され,随時追加される予定。価格は1980円となる。

 パームコンピューティングでは,「青ヘビ柄」や「木目調」のフェイスプレートも追加することで,女性ユーザーへアピールしていく。MultiMail SEを同梱したことで,「PCを持っていない人でも電子メールが利用できるようになる」(パームコンピューティング)と,さらなるユーザー層の拡大が狙いだ。

関連記事
▼ パームコンピューティング,14色のフェイスプレートを加えた「m105」発表(NetLife)
▼ Palmの新エントリーモデル「m100」,1万9800円で9月に登場
▼ PalmSource Tokyo開幕──ARMベースのPalm OSをデモ
▼ Palmのワイヤレス展開は着実に進む──PalmSource
▼ 「Palm OS 4.0」の詳細明らかに
 

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -