News 2001年3月21日 11:19 PM 更新

リコー,小型化した通信機能搭載デジカメ「RDC-i500」

リコーは,通信機能搭載デジカメ「RDC-i700」の後継として低価格化を図った「RDC-i500」を発表した。

 リコーは3月21日,通信機能を備えた光学3倍ズームデジタルカメラ「RDC-i500」を発表した。1/1.8型334万画素CCDを搭載し,価格は11万5000円。4月20日より販売を開始する。


ボディカラーは明るめのシルバー

 リコーは昨年9月,通信機能を搭載したデジタルカメラの第1弾として「RDC-i700」を発売。カメラ本体から画像のFTPが可能なほか,画像をメールに添付して送信できるとあって大きな注目を集めたが,「保険会社など法人向けでは人気があったが,16万円近い価格がネックとなって個人ユーザーの間では売れ行きが鈍かった」(同社)という。そのためi500では,i700をベースにしながらも,普及価格帯をターゲットとした作りになっている。


液晶ディスプレイは3.5型TFTから2型の透過型低温ポリシリコンTFT液晶に

 i700からの大きな変更点としては,液晶ディスプレイの小型化が挙げられる。i700では,3.5型の20万画素TFT液晶を搭載していたが,i500では2型の透過型低温ポリシリコンTFT液晶を採用。タッチパネル機能も外されている。このため本体サイズは,141.9(幅)×78.2(奥行き)×30.3(高さ)ミリとi700よりも一回りコンパクトになった。また通信機能では,Webサイトの閲覧機能やトリミング機能が省かれたほか,PCカードスロットがなくなっており,インターネットへの接続にはNTTドコモの「P-in Comp@ct」を使うことになる。

 主な仕様は以下の通り。

モデル RDC-i500
撮像素子 1/1.8インチ334万画素CCD(実効321万画素,原色フィルタ)
記録画素数 静止画:2048×1536/1024×768/640×480ピクセル,動画:320×240ピクセル
レンズ 7.3〜21.9mm(35mm換算で35〜105mm),F2.6〜3.4(7群10枚)
デジタルズーム 1.3/1.6/3.2倍(640×480ピクセル時のみ)
フォーカスモード オート/マニュアル/固定
測光方式 TTL測光式プログラムAE(中央重点/スポット/マルチ)
露出制御 プログラムAE(+/-2EV,0.5EVステップ)
シャッタースピード 8〜1/2000秒
ホワイトバランス オート/固定(蛍光灯,曇天,白熱灯,屋外)/マニュアル
感度設定 オート(ISO150〜200),ISO200,ISO400,ISO800相当
ファインダー 実像式光学ズームファインダー
液晶モニタ タッチパネル付き3.5インチTFT液晶(20万画素)
記録メディア コンパクトフラッシュ(Type?II),内蔵メモリ(7Mバイト),マイクロドライブ
インタフェース USB/オーディオ出力/ビデオ出力(NTSC/PAL)
電源 専用リチウムイオンバッテリー(連続撮影時は約50分間持続)
サイズ 141.9(幅)×78.2(奥行き)×30.3(高さ)ミリ
重さ 295グラム(バッテリー別)
価格 11万5000円

関連記事
▼ リコー,通信に対応したデジタルカメラ「RDC-i700」を発表

関連リンク
▼ リコー

[中村琢磨, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -