News 2001年7月2日 02:29 PM 更新

Microsoft,Windows XPのRC1をリリース

Windows XPのリリース候補第1版(RC1)が先週末にリリース。今週中にテスターやプレビュープログラム参加者に発送される。MP3 CODECはRC1でも除外されたままだがサードパーティ製を組み込むことはできる。


米MicrosoftがリリースしたWindows XPのRC1

 米Microsoftは先週末,「Windows XP」のRC1(リリース候補第1版)をベータテスター向けにリリースした。

 同社は6月18日の記者向け説明会で,6月中にRC1の開発を終了させ,7月4日までに配布を行うと発表していた(6月19日の記事参照)。同社は今週中にインストール後180日間の使用期限が付いたRC1をテスターやプレビュープログラム参加者に発送する。

 Microsoftは,社内およびベータテスターからのフィードバックをもとにRC2を中間リリースとして出しながら,製造工程向けリリース(RTM)へと作業を進める。

 ベータテスター向けにリリースされたRC1は,機能やビジュアルの面では6月初旬にリリースされたバージョンとさほど変わりはない。しかし,さまざまなバグが取り除かれ,パフォーマンス的にも若干向上しているようだ。ベータ2と比較すると,メモリ消費量,パフォーマンスの両面で改善されている。

 一時話題を呼んだMP3 CODECは,結局RC1でも取り除かれたままだ。Microsoftは一時的にMP3 CODECを,Widnows XP付属の「Windows Media Player 8」(WMP8)に搭載していたが(ただし56Kbpsまでしかエンコードできない機能限定版),これを最近のビルドでは取り除いていた(6月14日の記事参照)。

 しかし,サードパーティ製のMP3 CODECを排除する措置は採られていない。サードパーティ製MP3 CODECを組み込み,適切にレジストリに登録すれば,WMP8の設定画面でMP3をCD録音用CODECとして選択できるようになる。


サードパーティ製のMP3 CODECを組み込むことはできる

 以前,本サイトで報告した無線LANのサポートは,初級者向けの若干の変更が施され,近くの基地局やアドホックネットワークを発見するとダイアログがポップアップし,リストの中からどのネットワークに接続するかを選ぶようになった。暗号化が行われていなければ,そのまま無線LAN向けの特別な設定を行わずにネットワークに接続できる。

関連記事
▼ 特集「体験! Windows XP」

[本田雅一, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -