News 2001年11月22日 11:55 PM 更新

意外に堅実(?) 元ストリッパー,Danni Asheさんの経営哲学

予告どおり,カリスマアダルトサイト経営者,Danni Asheさんのインタビューを掲載。彼女の経営哲学を語って貰った。さらに,超レアな読者プレゼントもゲット!

 昨日,「カリスマアダルトサイト経営者が語る〜」の記事で登場したDanni Asheさん。本日は,予告どおりインタビューの模様をお伝えしよう。インタビューをセッティングしたIDGの担当者によれば,「写真が載せられない」との理由でインタビューのオファーを断る媒体もあったとか。ヌードでも撮らされると思ったのだろうか。朝日新聞も取材に来ていたというのに……。ZDNNはといえば,「Danni's Hard Drive」(DHD)の今後の展開や,アダルトサイトの現状など,ビジネスの話を聞いた――。


Danni Asheさん。「世界一ダウンロードされた女」の肩書きにふさわしい雰囲気だ

ZDNN:昨日の講演には熱心なファンの方もいましたね。日本語版を用意するつもりはないのですか?

Danni:6カ月くらい前に,日本語版を立ち上げる話もあったわ。DHDの会員には日本のユーザーも多いのよ。だけど,DHDが大きくなりすぎたことがネックになったわ。提携を考えていた企業が,膨大な量のテキストや画像のキャプションを翻訳するのは,割に合わない作業だと根をあげたのよ。

ZDNN:ソフトコアだったら日本語版も作りやすいのに,もったいないですね。でも,ビジネスとしてはハードコアのほうが儲かるのでは?

Danni:確かに,ハードコアのほうが需要は多いわね。その分,供給もたくさんあるのよ。反対に,ソフトコアを専門でやっているサイトは少ないわ。それに,もしわたしがハードコア女優だったら,こんなにメディアには露出できないでしょうね。ソフトコアの女優だから,マスコミも扱いやすいのよ。

ZDNN:計算づくですね。

Danni:でも,最近,新規に会員になってくれる人は減っているわ。ハードコアにユーザーを奪われているというよりも,アダルトサイトはどこも厳しいようね。アダルトサイトは,トラフィックを売買する「トラフィックトレーディング」という仕組みがあるのだけれど,入り口となる無料のアダルトサイトがどんどん減っているわ。飽和状態で,みんな経営が厳しいのよ。でも,DHDはほとんどトラフィックトレーディングには頼っていないから,そんなに問題ではないけれど。説明したように,私がメディアに露出することで,ファンを集めてくるのよ。

ZDNN:最近,アダルト画像をファイルシェアリングで交換するユーザーが増えていますが,その影響もあるのですか?

Danni:個人ユーザーがファイルシェアリングで画像を交換するのは気にしていないわ。脅威だとも思っていないし,上手い具合にプロモーションになることもあるのよ。だけど,DHDの有料コンテンツを転売する業者は危険ね。国外でやられると,もう手のつけようがないわ。

ZDNN:コピー防止機能やダウンロード防止機能など,手はあると思うのですが。

Danni:そうね。対策はあるにはあるのだけれど,そういった機能を組み込むと,サーバ側の処理が増加して,コンテンツを表示するのに時間がかかってしまうわ。結局,お金を払ってくれているユーザーに対して不利益になるのよ。

ZDNN:順調だったDHDも,厳しい局面を迎えている?

Danni:会員数の急激な伸びは期待できないわね。代わりに,DHDの課金システムの外販を開始したわ。クレジットカードの不正使用が問題になっているけど,DHDのシステムは,不正使用を低減できるのが特徴になっているわ。まだ,規模は小さいけど,2001年度では全体の売り上げの10%程度にはなりそうよ。2002年度は全体の半分はこの売り上げになるわ。

ZDNN:完全に主力製品ですね。とすると,DHDのほうは現状維持ですか?

Danni:そんなことはないわ。Danniのブランドを使って,いろいろビジネスをしていくつもりよ。例えば,DanniブランドのDVDや雑誌を出そうと思っているわ。

ZDNN:将来的にはIPOもありえる?

Danni:何度かそういう話もあったけれど,IPOはしないわ。新しいサービスを考えること以外に,気を取られてたくないの。これ以上,厄介な仕事が増えるのはごめんだわ。最初から,急激に成長させようとも思っていないわ。手に負えないほどのお金を手に入れて,どうやって使おうか頭を悩ませるなんて,ナンセンスよ。

(文中敬称略)

 予想外と言っては失礼かもしれないが,非常に堅実なビジネスを展開するDanniさん。そこには,アダルトサイト経営者という,どこかアンダーグラウンドな雰囲気は感じられなかった(そもそも,そんな人だったらIDGが特別講演には呼ばないはずだ)。そんなDanniさんから,日本のファンにメッセージとプレゼントをもらった。ちなみに,デジカメで撮影したため音声は入っていないが,内容は「Danni's Hard Driveをよろしくね!」みたいなことだったと思う。


動画を見る(mpeg1形式/約252Kバイト)

 ※このプレゼント企画は終了しました。


Danniさんの直筆サイン入り。即ゲットだ!

関連記事
▼ 「ニッチ市場を狙うのよ!」 カリスマアダルトサイト経営者が語る成功の秘訣

関連リンク
▼ Danni's Hard Drive

[中村琢磨, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -