News 2001年12月14日 11:59 PM 更新

「赤い彗星」になった日──ザクを撃墜してきました(1/2)

「モビルスーツの性能の違いが、決定的な戦力の差でないことを教えてやる」。思わず,呟いてしまった。

 遂にこの日がやって来た。思えば長かったものだ。2足歩行ラジコンの「ザク」との出会いは,2000年3月の東京おもちゃショーのこと。あれから1年9カ月。今,目の前にはザクがいる。いよいよ,この手でザクを操る瞬間が訪れたのだ──。


ザクとシャア専用ザク。正式名称は「TECH ROID R/C MS06-F ZAKU II」である (C) 創通エージェンシー・サンライズ

シャアザク出撃!!

 記者が操縦したのは,シャア専用ザク。“出撃”可能なザクは手元にこの1台しかないという,非常に貴重な1台だ。実は,操縦する機会があったら,ぜひやってみたかったことがある。それは,ザク同士のバトル。やっぱり,ザクなんだから,戦わなきゃ意味がない。都合良く,もう一体,ザクのモックアップも用意されていたことだし。

 “ザク通”の読者が多いZDNNだけに,今更説明は不用かもしれないが,ザクのプロポには液晶ディスプレイが付いている。ここには,ザク頭部の「モノアイ」で捉えた映像が映し出される。つまり,本体には目を向けず,モニタだけで戦えば,臨場感も満点なのだ。さらに,密室にこもって,「モビルスーツの性能の違いが、決定的な戦力の差でないことを教えてやる!」とクールに呟けば,気分はすっかり,キャスバル兄さんだ。

 最初に,ザクの動きについてレクチャーを受ける。前進/後進/左右旋回(動画)が可能なほか,腰が左右30度に回転するようになっている。屈伸や前屈,といった上下運動はできない。腕も,マシンガンに固定されるため,戦闘時には使わないことになる(ぜひ,ヒートホークを振りかざしたいのだが……)。


液晶ディスプレイ付きプロポ。映像用とコントロール用の2本のアンテナを備える。右側のレバーでザクを動かす。グリップ上部のレバーは,腰の回転に使う


マシンガンは,本体に固定される。駆動用のモーターがザクの本体に入っているため。BB弾は約20発装填可能。暗闇で,蛍光BB弾を撃てば興奮度倍増は間違いない

 いざ,動かしてみると,ディスプレイだけで操作するのはなかなか難しい。最初は,どっちにレバーを倒せばいいのか,感覚が掴めなかった。思わず,ディスプレイから目を離して,本体を眺めてしまう。いかんいかん。

 撃墜目標のザクを液晶ディスプレイに映そうと思うと(つまりロックオン),これがまた,かなりのスキルを要する。もしかして,ニュータイプじゃなかったのか? ずっと信じて生きてきたのに……。

 ほとんど偶然だが,視界にザクが入る。フレームインしてくる瞬間には,思わず鳥肌が立った。操作レバーのキャップを開け,マシンガン発射ボタンを押す。思わず力が入る。が,情けないことに,BB弾を撃てども撃てども,まったく当たらない。これで,自分がニュータイプかもしれないという妄想は,完全に打ち消された。


ザクが現れた!

 ザクの開発を担当したキャラクタートイ事業部企画開発第三チームリーダーの泉勝洋氏によれば,BB弾を的に当てるには,ちょっとした調整が必要だという。

前のページ1 2次のページ



Special

- PR -

Special

- PR -