News 2002年4月5日 09:09 PM 更新

ネットワーク化で,家電は“進化”する――東芝のネット家電

4月1日に発売された東芝のネットワーク家電「フェミニティシリーズ」。Bluetoothに対応した本格的なネット家電システムとしては世界初ということもあり,注目が集まっている。EC研究会フォーラムでは,開発者からフェミニティシリーズの紹介と今後の展開が語られた。

 東芝が,ネットワーク家電「フェミニティシリーズ」を4月1日に発売した。Bluetoothに対応した本格的なネット家電システムとしては世界初ということもあり,国内はもとより海外からも注目が集まっている。

 4月5日に開催されたEC研究会フォーラムで,東芝 家電機器社LIFE NETクリエーション部事業推進担当グループ長の一色正男氏が,フェミニティシリーズを使ったホームネットワークサービスの紹介と,今後の展開について語った。


東芝 家電機器社LIFE NETクリエーション部事業推進担当グループ長の一色正男氏

 ネット家電は,同社以外にもシャープや松下電器産業など多くの家電メーカーが取り組んでいる。しかし,これまでは,電子レンジやエアコンなど個々の製品でのネット対応にとどまっており,家電製品同士がネットワークで連携したものは登場していなかった。

 フェミニティシリーズは,冷蔵庫,電子レンジ,洗濯乾燥機(ランドリー),コントール用のホーム端末,アクセスポイントというネット家電5製品を一気にラインアップした。アクセスポイントを介して家電製品が相互に接続し,アクセスポイント経由でインターネットにも接続する。ネットワーク化したこれら家電製品は,タッチパネル液晶ディスプレイを備えたタブレット型のホーム端末を使って操作できる。


フェミニティシリーズは,ネット家電5製品を一気にラインアップした


タブレット型のホーム端末(左)と,アクセスポイント(右)

 フェミニティシリーズでは,数ある家電製品の中から,冷蔵庫,電子レンジ,ランドリーの3種類が選ばれた。その理由について一色氏は「まずはユーザーが毎日使うものをネット家電として用意した。特に冷蔵庫と電子レンジは料理に関わる家電。ユーザーが毎日飽きないようなバラエティ豊かな料理作りに,ネット家電は活躍する」と説明する。

 最近の電子レンジには,あらかじめ数多くの料理レシピが入っている。しかし,さまざまなメニューから,冷蔵庫にある食材を生かして料理を作るというのは,なかなか難しいもの。また,料理レシピを参考にして“いざ作ろう”という時に,冷蔵庫にあると思っていた食材がなかったなんてこともよくある。

 フェミニティシリーズの冷蔵庫は,食品名や賞味期限・量の目安といった食材の在庫データを管理することができる。また,サーバ側にはレシピのデータベースと検索エンジンを用意。管理している冷蔵庫内の食材データと,ホーム端末で選択した献立レシピとをチェックして,買い足さなくてはいけない食材を,ホーム端末にリストアップしてくれるのだ。この買い物リストは,携帯電話にも送信してもらえるため,わざわざメモをとる必要もない。また,携帯電話で冷蔵庫の在庫データを見ることもできる。


フェミニティのシステム図

 「ホーム端末で料理レシピを選択する際にも,使いたい食材やアレルギー/好き嫌いがある食材,食事をする人数などを入力することによって,我が家だけのレシピを簡単に選択することができる。選ばれたレシピは,Bluetoothを使って無線で電子レンジに送信されるため,調理時の細かな設定もいらなくなる」(一色氏)。

ネットワーク化で,家電は“進化”する

 多機能になった最近の家電製品には,機能アップの分だけボタンも増えている。一色氏によると,フェミニティは,多機能化によって操作が煩雑となってしまった家電製品の矛盾を解消したいというニーズによって生まれてきたのだという。

 「従来の家電製品は,購入した次の年になると新しいボタンが追加され,何年かするとボタンが全部変わって操作が全然違ってくるといったケースがよくあった。フェミニティでは,ホーム端末を使ってサーバから家電機器にいつも最適なボタン(機能)が提供されるようになる。つまり,家電のネットワーク化によって,家電製品自体がユーザーにより使いやすいものに進化していく」(一色氏)。

 さて,冷蔵庫,電子レンジ,洗濯機という家事家電からスタートした同社のネット家電だが,一色氏によると,今後は家のセキュリティ分野への応用が進んでいくという。

 「主婦に“IT家電に何を求めるか”というアンケートを行ったところ,カギが閉まっているかどうかといったセキュリティ用途に高い関心が集まった。次に多かったのは,電気の使用状況確認やお買い得情報。主婦のニーズは,エンターテインメントより,やはり生活や家事のサポートだった」(一色氏)。

 フェミニティシリーズでは,6月以降にBluetooth通信機能を持つドア・窓開閉センサーと照明スイッチを発売する予定で,ホーム端末や携帯電話から自宅のセキュリティを監視できるようになる。

関連記事
▼ Bluetooth対応洗濯機・レンジ・冷蔵庫 東芝が本格的ネット家電を発表
▼ NTT,松下,日立が光ネットECを共同研究
▼ 惑星間インターネットを語る父は,最近「ネット家電に驚いている」
▼ “Web対応エアコン”で快適生活を実現

関連リンク
▼ 東芝

[西坂真人,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -