News:ニュース速報 2002年5月21日 04:56 PM 更新

教卓にプロジェクターとPCを一体化 日立


 日立製作所と日立ケーイーシステムズは、教卓に液晶プロジェクターとPCを一体化した「教卓一体型授業サポートシステム キッズビジョン」を5月22日に発売する。オープン価格。


 PC部分は、Pentium III/1B GHz、128Mバイトメモリ、40GバイトHDD、CD-ROMドライブを装備。プロジェクター部は短焦点タイプを採用し、1.5メートルの距離でもゆがみのない60型の大画面投影が可能という。また黒板に直接投影することもできるため、チョークで補足説明を加えながら授業を進めることができるとしている。

 また日立は新製品の発売に合わせて、プラスと販売提携を締結した。私立学校向けの販売を日立と日立ケーイーシステムズが、公立学校向けをプラスが担当する。

 政府は「e-Japan戦略」で学校教育の情報化を目標に掲げ、文部科学省を中心に小中高校合わせて全国約4万校の普通教室すべてに「PC2台とプロジェクター」の設置を進めている。両社は、教卓に液晶プロジェクターとPCを一体化することで、この戦略をサポートしたいとしている。

 主な仕様は以下の通り。

プロジェクター部
光出力1100ANSIルーメン

PC部
CPUPentium III/1B GHz
メモリ128Mバイト
HDD40Gバイト
ドライブCD-ROMドライブ
OSWindow 2000

コネクタ部
インタフェースアナログRGB(D-Sub15ピン)入出力×1、音声入力×1、S-Video×1、RCAジャック×1

スピーカー部
出力12ワット+12ワット

教卓
サイズ930(幅)×600(奥行き)×900(高さ)ミリ
重さ約80キロ

関連記事
▼ 日立が政府プロジェクト「教育の情報化」対応の授業サポートシステムを発売

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -