News:ニュース速報 2002年7月17日 04:06 PM 更新

日立、世界初“水冷ノートPC”を発売

日立が世界で初めて静音水冷システムを搭載したノートPC「FLORA 270Wサイレントモデル」を発売した

 日立製作所は7月17日、世界で初めて静音水冷システムを搭載した企業向けノートPC「FLORA 270Wサイレントモデル」を発売した。9月30日に出荷を開始する。冷却ファンを使わず、静かな動作を実現したのが特徴だ。34万1000円から。


 3月に発表した静音水冷システム(3月14日の記事参照)を搭載。冷却液循環用チューブと放熱板を液晶パネルの裏側に収納し、従来冷却には使われていなかったディスプレイ側を冷却スペースにすることで、効率よく放熱ができる。

 同システムの採用で冷却ファンを省くことができ、30デシベル以下の静音性を実現した。

 経年使用の際の浸食対策として、冷却液に腐食防止剤を配合。冷却液の補充・交換なしで5年以上、作動可能という。またヒンジ開閉部には難燃性フレキシブルチューブを採用。2万回以上の繰り返し開閉試験で耐屈曲性と耐ねじれ性を確認したとしている。さらに冷却液の循環させる遠心ポンプでも、連続4万4000時間以上の動作が可能という。

 冷却液タンク、ポンプ、水冷ジャケットなど主な部品には液漏れ防止対策を施したほか、水冷システムと高圧部をプラスティックパーティションで遮断、液が漏れた場合でもショートすることはないとしている。

 CPUはモバイルPentium 4-M/1.8GHzを搭載。CTOに対応し、メモリ・HDDの容量、ドライブなどを変更できるほか、無線LANを搭載することも可能だ。液晶ディスプレイは15型TFT(1400×1050ピクセル/約1677万色表示)。

 同社では、図書館や病院、教育機関での利用を想定している。

 構成例は以下の通り。

製品名FLORA 270Wサイレントモデル
CPUモバイルPentium 4-M/1.8GHz
チップセット845MP
メモリ128MバイトDDR SDRAM
HDD20Gバイト
グラフィックMOBILITY RADEON 7500(VRAM:16Mバイト)
ドライブ24倍速CD-ROMドライブ
液晶ディスプレイ15型TFT(1400×1050ピクセル/約1677万色表示)
通信10/100BASE-TX
インタフェースPCカードスロットType II×2、IEEE 1394×1、USB×2
バッテリリチウムイオン
バッテリ駆動時間約2.5時間
OSWindows XP ProfessionalまたはWindows 2000
サイズ326(幅)×275(奥行き)×46(高さ)ミリ
重さ約3.75キロ
価格34万1000円
出荷日9月30日

関連記事
▼ 水冷PCの開発者に聞く(後編)――「“水冷”を冷却システムのデファクトスタンダードに」
▼ 水冷PCの開発者に聞く(前編)――「ポンプだけでも3代目なんです」
▼ 「正確には“液冷”です」──日立のノートPC向け静音水冷システム
▼ 日立、世界初“水冷ノートPC”を開発――今年第3四半期に発売

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -