News:ニュース速報 2002年7月18日 04:53 PM 更新

杉並区、住基ネットの賛否を問うネット投票

東京都杉並区はこのほど、住基ネット稼働について区民に賛否を賛否を問うネット投票を開始した

 東京都杉並区はこのほど、同区役所サイトで、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)稼働について区民が賛否を投票できるアンケート「住基ネットに関する一問調査箱」を開始した。


 住基ネットは、市町村と地方自治情報センターをネットワークで結び、住民基本台帳に記録されている国民全員に11桁の番号(住民票コード)を割り当てて、氏名・生年月日・性別・住所の情報を一元的に管理するシステム。8月5日の稼働開始が計画されている。

 「一問調査箱」では、電子メールアドレスと郵便番号を入力した上で、「凍結・延期すべき」「予定通り実施すべき」「どちらともいえない」の3項目で投票ができる。投票は8月31日午後5時まで受け付ける。

 山田宏・杉並区長は「凍結・延期すべきという意見が多かった場合、住基ネットへの送信停止も検討する」としている。

 サイトではさらに、住基ネットへの意見を投稿できる電子掲示板や、区長に直接意見を送信できる「区長への手紙」コーナーも用意した。

 投票システムはVOTEジャパンが運営している。同社は日立製作所と米Vote.comの合弁会社。

関連記事
▼ “しかるべき関係者”に結果を伝える市民投票サイト――日立がVote.comと合弁で

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -