News:ニュース速報 2002年11月1日 06:19 PM 更新

「Lineageの18禁を支持」──韓国ネットユーザーの5割

韓国NCsoftのネットRPG「Lineage」が18歳未満禁止の判定を受けた問題で、韓国のネットユーザーのおよそ半分は「正しい決定」だと見ているという

 韓国NCsoftのネットRPG「Lineage」が18歳未満禁止の判定を受けた問題で、韓国のネットユーザーのおよそ半分は「正しい決定」だと見ているという。11月1日付けの朝鮮日報(Web版)が伝えた。

 報道によると、韓国内のポータルサイトが同問題についてネットアンケートを実施したところ、回答者の44.4%は「暴力性のあるゲームを18禁とするのは正しい判定」だとした。「審議そのものに反対」が26.3%、「修正してアクセスできるようにすべき」が27.6%だった。

 また別のポータルサイトの調査では、「リネージュの暴力性・中毒性を考慮すると、正しい決定」と6割が答えた。

 18禁問題では韓国人も揺れているようだ。韓国で「Lineage」を始めとするネットゲームの人気が極めて高いのは知られているが、少年らが“ネットゲーム中毒”に陥って死亡するなどの事件が相次ぎ、社会問題化している。

 同紙のパク・ネソン記者のコラムでは、「Ultima」シリーズの開発者・Richard Garriottが「Lineageのかわいいキャラや構成は思春期の青少年に向いている」と述べたコメントを引用。また日本語版「リネージュ」が「CESA GAME AWARDS」特別賞を受賞したことにも触れ、「日本のユーザーは家族的なゲームだと評価している」と紹介し、ゲーム自体には罪がないと見ている。

 その上で18禁問題について、悪質なPKを働くプレーヤーのために「青少年有害物」に転落してしまったとし、「本当に青少年を保護するのなら、やみくもにアクセスを禁止するのではなく、産官学が力を合わせてプレイヤーを教え導かなければ」と主張している。

関連記事
▼ PK容認ネットRPGは18禁に? 韓国
▼ “18禁”指定回避へ「Lineage」修正版リリース

関連リンク
▼ 朝鮮日報「ネチズンの5割「『リネージュ』は成人ゲーム」
▼ 朝鮮日報「【記者手帳】『リネージュ』と国益」
▼ 朝鮮日報

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -