News:ニュース速報 2002年12月12日 08:48 PM 更新

違法コピー訴訟でMSら3社とLECが和解


 ソフトを違法にコピーされて損害を受けたとして、米Microsoftと米Apple Computer、米Adobe Systemsが大手資格試験予備校の東京リーガルマインド(LEC)に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、ソフト3社とLECの和解が12月11日に成立した。和解条件は明らかにされていない。

 3社は2000年4月、LECが3社のソフトを違法にコピーして著作権を侵害したとして、総額約1億1400万円の損害賠償を求めて東京地裁に訴訟を起こした。東京地裁は2001年5月、3社の訴えを認めてLECに約8500万円の支払いを命じていた。

 3社が加盟するソフトウェア著作権保護団体・ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)によると、控訴審で東京高裁が勧告した和解案は「一審判決を踏まえたもの」で、「円満に和解した」としている。

関連記事
▼ 法律学校のあきれた著作権意識──米MSなど3社が著作権侵害で東京リーガルマインドを提訴
▼ 資格試験予備校に8500万円損害賠償命令、組織内違法ソフトコピーを認定

関連リンク
▼ BSAのニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -