News:ニュース速報 2003年2月3日 09:36 PM 更新

「番竜」製品版デザインが公開に


 テムザックはこのほど、家庭用留守番ロボット「番竜」の製品版「T73S」のデザインを公開した。カメラ位置を変更したほか、5色のカラーバリエーションも選べるようにした。


 T73Sは、同社が限定50台で先行予約受け付けを始めたモデル(関連記事を参照)。「モータードライバの小型化や、脚部に専用削り出し部材などを採用することで従来よりコンパクトになるだろう」(テムザックの高本陽一社長)。


 特に、カメラ位置を頭部から背中に移動。300度以上回転できるようになり、後進時にも進行方向を確認できるようになった。また操作者は「ロボットの背中に乗って操作する」(高本社長)形になるため、視認性も向上するという。

 ブルー系とホワイト系、ブラック系、グリーン系、オレンジ系の5色カラーバリエーションを準備する予定。Webサイトではイラストのみで実機は公開されていないが、「プロトタイプ版に比べ未来的で洗練されたイメージ」になったとしている。



関連記事
▼ ロボット「番竜」、198万円で先行販売
▼ 2003年、「番犬」はロボットになる
テムザックと三洋電機が“番犬代わり”になるロボットを発売する。その名も「番竜」。12月に50台の先行予約販売を受け付け、2003年度には一般販売を開始する予定だ


関連リンク
▼ 番竜公式サイト
▼ テムザック

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -