News:ニュース速報 2003年2月4日 08:00 PM 更新

アニメ海賊版DVD販売の男を逮捕、アジア製“逆流”を初摘発

警視庁荻窪署は2月4日、アニメの海賊版DVDをネットオークションで販売したとして、著作権法違反の疑いで埼玉県所沢市の会社員の男(43)を逮捕した

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、警視庁荻窪署は2月4日、アニメの海賊版DVDをネットオークションで販売したとして、著作権法違反の疑いで埼玉県所沢市の会社員の男(43)を逮捕した。国内に“逆流”するアジア製海賊版の販売が摘発されたのは初めてという。

 調べでは、会社員は2002年5月上旬ごろ、アニメ「星界の紋章」の海賊版DVD3枚を、「Yahoo!オークション」を通じて京都在住者に6000円で販売した疑いがもたれている。

 著作権者のサンライズが海賊版販売を確認して同署に相談。同年11月に会社員方を家宅捜索していた。「機動戦士ガンダム」シリーズなどの海賊版販売も把握している。

 海賊版は香港製と見られている。アジア各国では、香港や中国、台湾で製作された日本製アニメDVDやゲームソフトなどの海賊版が大量に流通しているのが実態。サンライズは「ネットオークションで『香港版』『海外正規版』などとして出品されているDVDは海賊版と考えてまず間違いない」と話している。



関連記事
▼ 「PSone」が878円? 不正商品対策協議会が中国の海賊版市場の実態を調査
中国の海賊版市場にどう対処するか? 不正商品対策協議会(ACA)は、WPO加盟で中国からの海賊版流入増加を警戒している。そこで、実体調査に乗り出したが……


関連リンク
▼ ACCSのニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -