News:ニュース速報 2003年2月13日 07:31 PM 更新

ガルウイングなPCケース現る

球形PC「ZXL Artemis」を販売しているルーポは、変わり種PCケースの第2弾「ZxL HIMMEL」を2月下旬に発売する。サイドパネルにガルウイングを採用、ケースの開閉が容易なため、メンテナンス性に優れているという

 球形PC「ZXL Artemis」を販売しているルーポは、変わり種PCケースの第2弾「ZxL HIMMEL」(ヒンメル)を2月下旬に発売する。サイドパネルにガルウイングを採用、ケースの開閉が容易なため、メンテナンス性に優れているという。


 ジオンとの共同開発製品「〜ニッポンの職人魂シリーズ〜」の第2弾。ATX対応で375(高さ)×175(幅)×286(奥行き)ミリと小型ながら530ワット電源も搭載可能としている。5インチベイ×1、3.5インチベイ×4を備えた。Pentium 4/3.06GHzにも対応するという。


 価格は2月下旬に正式発表する予定だが、ケース単体は3万円台後半になる見込みという。また同ケースを採用したPCも10万円前後で発売する予定。


 また構想中の製品として「ピラミッドパワー『立体球型サーバーシステム』」を挙げている。「誰も見た事がないサーバーがついに登場!ピラミッドパワーをも取り入れた究極のサーバーシステム。近未来の宇宙ステーションを彷彿。クライアントとの交信はワイヤレス方式!ピラミッドパワーがCPU能力を無限大に引き出します!」(同社)──??




関連記事
▼ ハロ似の“球形PC”に息づく「職人魂」
ありそうでなかった「球形PC」が、年の瀬のPC業界に話題を振りまいている。キレイな球形を低コストで実現するのに欠かせなかった日本伝統の加工技術や、直径25センチを可能にしたテクノロジー、そして“アレ”にそっくりなカラーリングの意図とは?


関連リンク
▼ 製品情報

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -