News:ニュース速報 2003年3月3日 10:02 PM 更新

ミノルタ、新デザインの「DiMAGE Xt」

ミノルタは、薄型3倍ズームデジタルカメラ「DiMAGE X」シリーズの新製品「DiMAGE Xt」を4月上旬に発売すると発表した。「屈曲光学系」を採用したフラットボディはそのままに、新デザインによる小型化やレスポンスの高速化が図られている

 ミノルタは3月3日、薄型3倍ズームデジタルカメラ「DiMAGE X」シリーズの新製品「DiMAGE Xt」を4月上旬に発売すると発表した。「屈曲光学系」を採用したフラットボディはそのままに、新デザインによる小型化やレスポンスの高速化が図られている。オープン価格で、実売予想価格は5万円前後。


Mマウント互換レンジファインダー機「ミノルタCLE」のシャッター音を鳴らすこともできる

 「DiMAGE Xt」は、プリズムで光を90度曲げてボディ内に導くことでズームレンズを内蔵させた「屈曲光学系3倍ズームレンズ」を搭載。レンズをボディ外部にせり出させる必要がなく、ボディがフラットなまま撮影ができる点が特徴だ。

 初代機「DiMAGE X」から厚さ20ミリの薄さは受け継ぎつつ、85.5(幅)×67(奥行き)ミリ、重さ約120グラム(本体のみ)とさらに小型化(DiMAGE Xは84.5×72×20ミリ、重さ約135グラム)。Xtはネックストラップで吊り下げた時に縦型になるようデザインされ、本体カラーもシルバーに加えレッドとブラックが加わっている。

 5点ワイドAFの採用やスローシャッター時のノイズリダクション、スポット測光の追加など撮影機能も強化。時間制限なしの動画が撮影できる「ロングムービー」機能や最大180分のボイスレコーダ機能なども加わっている。背面モードダイヤルを設けて操作性を向上させたほか、セットすれば充電できるチャージスタンドが付属する。

 CCDは1/2.7型有効320万画素(原色フィルター)、レンズは35mm換算で37−111mm、背面液晶ディスプレイは1.5型低温ポリシリコンTFT。記録メディアはSDメモリーカード/MMC。


 同時に、有効400万画素CCD/3倍ズームレンズを搭載したコンパクト機「DiMAGE F200」を3月下旬に発売すると発表した。2002年4月発売の「DiMAGE F100」の後継機で、原色フィルターへの変更やAF機能の向上などが図られている。オープン価格で、実売予想価格は5万円前後。



関連記事
▼ ミノルタ、奥行き20ミリのボディに光学3倍ズームの「DiMAGE X」を発表
ミノルタは、独自開発のインナーズーム方式屈曲光学レンズを採用し、奥行き20ミリの薄型ボディを実現した光学3倍ズームデジタルカメラ「DiMAGE X」を発表した

▼ 「全ては“20ミリ”から始まった」――DiMAGE X 開発秘話
プリズムで光を90度曲げ、ズームシステム自体をボディに収めた「屈曲光学3倍ズームレンズ」が特徴のDiMAGE X。世界最薄の20ミリという厚さを可能にしたこの画期的な光学系が生まれた背景や苦労話を、開発者に聞いた


関連リンク
▼ DiMAGE Xt製品情報
▼ DiMAGE F200製品情報

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -