News:ニュース速報 2003年4月16日 07:37 PM 更新

D&M、RioとReplayTVを落札


 ディーアンドエムホールディングス(D&M)は4月16日、経営破たんした米SONICblueのReplayTV事業とRio事業を競売で落札したと発表した。落札額は3620万ドル。

 D&MとSONICblueは両事業の売却交渉を進めていたがまとまらず、SONICblueの事業は米連邦破産裁判所が競売にかけた。D&Mは4月15日に応札、取引は10日間前後で終了する予定。両事業の在庫と売掛金、知的財産、資本設備を買い取り、一部の契約と負債も引き継ぐとしている。ReplayTVの顧客もそのまま受け継ぐ。

 D&Mは米国子会社にデジタル開発子会社「Digital Networks North America」を新設し、両事業を統合する。過去1年間でReplayTVの売上は約2200万ドル、Rioは約6200万ドル。破産手続きで一部費用や負債が消滅するほか、業務改革効果も見込めるとして、2003年度は1株当たり利益は微減、2004年度以降は増加するとしている。



関連記事
▼ SONICblueが破産申請、Rioなど売却へ
同社は日本のディーアンドエムホールディングスと日本マランツとの間で、ReplayTVとRio子会社を4000万ドルで売却する非拘束の同意書を交わしている。また、GoVideo事業をOpta Systemsに1250万ドルで売却する確定合意を取り付けた

▼ D&M、Rio/ReplayTV買収で協議開始を発表
▼ どうなる売却後のSONICblue製品
▼ SONICblue製品、売却合意ならず競売へ

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -