News:ニュース速報 2003年5月28日 04:13 PM 更新

ソニー、「PSX」年内投入 PS2にDVD&HDDレコーダ機能を融合

ソニーは、エレクトロニクス事業の商品力強化をうたい、ゲーム機用OSを活用した高速DVD&HDDレコーダ「PSX」を年内に投入することを明らかにした

 ソニーは5月28日、2003年度の経営方針説明会を都内で開いた。エレクトロニクス事業の商品力強化をうたい、「プレイステーション2」(PS2)をベースとしたDVD&HDDレコーダ「PSX」を年内に投入することを明らかにした。


経営方針説明会場で登場したPSX

 PSXはPS2機能に加え、HDD&DVDレコーダ機能を搭載する。さらに地上波/BSアナログチューナーも内蔵。Ethernet端子やメモリースティックスロットも備えた。

 PSXはエレクトロニクスとゲームの相乗効果がねらいだ。ゲーム機がけん引する最新の半導体プロセス技術と、ゲーム機用のリアルタイムOSを活用し高品位かつ高速応答なレコーダを実現できるという。


PSXは縦置き・横置きとも可能。中央にスロットイン式DVDドライブを装備する

 PSXに続き2004年末発売予定の携帯型ゲーム機「PSP」を投入。エレクトロニクスとゲームを融合した新プラットフォーム上にゲームや映像、音楽など最新コンテンツを配信する新市場を創造する。

 また年末商戦に向け、DVD±R/RWレコーダやHDDレコーダ「Cocoon」(コクーン)のラインアップを拡充する。PDP/液晶TVでは高画質化技術「ベガエンジン」で差別化することで市場トップを目指す。

 停滞しているバイオシリーズでは、AVとITを融合するコンセプトに基づき、全機種にDVDドライブを搭載するなど魅力的な商品開発を推進。SCMの徹底で収益回復を図るとしている。



関連記事
▼ ソニー、携帯ゲーム機に参入。キーワードは“21世紀のウォークマン”
SCEIの久夛良木社長は、2004年末に携帯ゲーム機に参入すると発表した。6センチ、1.8GバイトのUMDという新しい光ディスクメディアを使い、高度な3D表現力を持つという

▼ “携帯型ゲーム機にディスクシステム”の「なぜ?」
ソニーがE3で発表したPSPには、新しい6センチ光ディスクメディア「UMD」が採用された。メモリースティックという小型ブリッジメディアがあるにもかかわらず、携帯機器に不利なディスクシステムを搭載した理由とは?


関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -