News:ニュース速報 2003年7月8日 08:45 PM 更新

MaxtorとLSI LogicがSerial Attached SCSIをデモ


 米Maxtorと米LSI Logicは7月8日(現地時間)、SCSI技術の標準化団体T10 committeeの公開レセプションで、次世代SCSIインタフェース「Serial Attached SCSI」(SAS)インタフェース機能のデモを行う。

 プロトタイプのディスクコントローラ−ドライブ間での通信を行う最初の公開デモとなる。初期化や帯域外シーケンシング、リード/ライトなど各SCSIコマンドを実行し、両社の成果を明らかにする。T10 committee公開レセプションは米国コロラド州で開かれる。

 SASは3Gbpsの転送速度を実現する次世代高速インタフェース規格。今夏にもANSIの正式規格として公開される見通しだ。Maxtorは同規格を策定した業界ワーキンググループの設立メンバー。

関連記事
▼ 次世代SCSI規格「Serial Attached SCSI」は2004年に登場
▼ ライバルはSerial ATA――次世代SCSI規格プロトタイプ披露
▼ ハードディスク各社、シリアルSCSI新規格に向けたコンソシアム設立

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -