News:ニュース速報 2003年8月8日 03:51 PM 更新

ペンタックス「*ist D」、9月6日に発売決定

ペンタックスは、レンズ交換式一眼レフデジタルカメラ「PENTAX *ist D」を9月6日に発売すると発表した。23.5×15.7ミリの有効610万画素CCDを搭載。レンズ交換式一眼レフデジタルカメラでは世界最小・最軽量だとしている。

 ペンタックスは8月8日、レンズ交換式一眼レフデジタルカメラ「PENTAX *ist D」(イスト ディー)を9月6日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は20万円前後。


 当初は6月中旬の発売を予定していた。23.5×15.7ミリの有効610万画素CCDを搭載し、ボディは129(幅)×94.5(高さ)×60(厚さ)ミリ、重さ約550グラム(電池別)とレンズ交換式一眼レフデジタルカメラでは世界最小・最軽量だとしている。

 レンズはKマウントレンズ(K/KA/KAF/KAF2)のほか、アダプタを介してペンタックス645/67用レンズや、かつて同社一眼レフが採用していたスクリュー式のプラクチカマウント(M42)レンズも装着できる。


M42マウントレンズが使えるということは、ツァイス・イエナのフレクトゴン20ミリやローライのゾナーやマミヤのセコールや爆安ロシアレンズの描写を最新のデジタルカメラでたぶん楽しめる、ということ

 記録画像形式はJPEG/TIFF/RAW。記録メディアはコンパクトフラッシュType II(マイクロドライブ対応)。PCインタフェースはUSB 1.1。電源はリチウム電池(CR-V3×2本)か単3形×4本(アルカリ乾電池も対応)を使用する。

関連記事
▼ ペンタックス、レンズ交換式一眼レフデジカメを発表

関連リンク
▼ ペンタックス

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -