News:ニュース速報 2003年10月7日 07:03 PM 更新

Adobe RGB対応の広色域22インチCRT NMビジュアルが開発


 NEC三菱電機ビジュアルシステムズ(NMビジュアル)は10月7日、Adobe RGBに対応した広色域CRTディスプレイを開発、22インチモデルを11月から受注すると発表した。


 従来のCRTに比べ135%の色再現域を持ち、Adobe RGB色空間の97.6%をカバーした。米国の標準的な印刷条件「SWOP」は99.9%をカバーするとしている。

 Adobe RGBはアドビシステムズの「Photoshop」が採用している色空間で、印刷業界や一眼レフデジタルカメラなどで標準的に使われている。従来のディスプレイはsRGBに対応しているが、さらにsRGBより広いAdobe RGBはカバー仕切れず、ディスプレイ上では正確な色の再現が難しかった。

 発売する22インチモデル「RDF225WG」はダイヤモンドトロンNF管を採用。最大表示解像度は2048×1536ピクセル。受注生産で12月下旬に発売する。価格はオープン。

 同社はAdobe RGBに近い色域を持つ液晶ディスプレイを「WinHEC 2003」に出品している(関連記事を参照)。



関連記事
▼ 新液晶ディスプレイ時代を拓けるか?――NEC三菱の広色域LCD技術
WinHECの展示会場で筆者が一番強い関心を持ったのは、実はNEC三菱ビジュアルシステムブースで展示されていたLEDバックライト採用のテクニカルサンプルだった。Adobe RGBに近い広い色域を持ち、来年には製品化の予定だという


関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -