News 2003年10月10日 08:20 PM 更新

PC用Blu-rayは2004年、2倍速からスタート(1/2)

「Blu-ray Disc」に関するカンファレンスがCEATEC JAPAN 2003で催され、その中でロードマップや、これまであまり情報が出てこなかった核になる技術に関する情報が明らかにされた。その内容をベースに、Blu-rayのロードマップやDVDとの技術的な違いを整理してみよう。

BD-ROM、BD-Rを規格化し、2倍速へと高速化するBlu-ray Disc

 Blu-ray Disc規格は、ご存じのように書き換え型の「Blu-ray Disc ReWritable(BD-RE)」からスタートし、今後、再生専用の「BD-ROM」、追記型の「BD-R」、PC用のデータ記録用の「BD-data」という4種類の規格が策定されることが既に公表されている。これらの規格は、すべて「Transfer all features」という思想のもと、互換性がとられる予定となっている。

 「私たちは、RE、R、ROMというのが同一容量、同一構造であるということを極めて重要視しています。ROMだけで頑張ったら30Gバイトまでいくかもしれません。しかし、それでは使いにくくなります」(ソニーブロードバンドネットワークカンパニー オプティカル開発本部 部門長 小川博司氏)

 まず、再生専用のBD-ROM規格は、年内に暫定規格ともいえる「Ver0.9」へとアップデートされ、来年初めに正式バージョンの「Ver1.0」が発行される予定だ。カートリッジがない「ベアディスク」が標準として採用され、カートリッジ付きのディスクは、「オプション」として規定されるという。

 Blu-ray Discでは現在、傷が付きにくく、指紋やほこりが簡単にふき取れる「ハードコート」技術を各社が開発中だ。ベアディスク化は、これを採用することによって実現することになりそうだ。

 それでもカートリッジがオプションとして採用されたのには、もちろん理由がある。ハードコート技術といっても完璧ではないからだ。取り扱いによっては、致命的な読み出しエラーを引き起こす原因となりかねない。例えば、子供がチョコレートを付けてしまったり、カッターなどで傷を付けれたりすれば、もちろん、読み出しエラーの原因となる。今回のカンファレンスでは触れられなかったが、カートリッジをオプション化した背景には、ハリウッドの要望があったようだ。子供がベアディスクを取り扱って問題が生じたりしないようにカートリッジ付きを、というわけである。

 また、追記型のBD-Rの発行は、BD-ROMの規格策定から少し遅れた「来年半ば」と予定されている。BD-Rでは、当初から2倍速(72Mbps)の記録速度と2層記録がサポートされ、BD-ROM規格同様にカートリッジを用いない「ベアディスク」が採用される予定だ。

 既に製品化が始まっているBD-RE規格は、今年7月に多少の変更が加えられたVer1.1規格が発行済みであることが公表されたほか、来年半ばにVer2.0が発行予定であることが明らかにされた。

 このVer2.0では、記録速度が「2倍速」へと高速化され、BD-ROM/Rと同様にベアディスクが採用される。Ver2.0に対応した民生用のレコーダーでは、2倍速へと高速化することで人気の「追っかけ再生」などの機能を実装することが可能となる。カートリッジは、オプションとして残されるが、メディア全面をカバーする現行の密閉型から、記録面のみをカバーするオープン型へと移行する予定だ。

 加えて今回のカンファレンスではほとんど触れられなかったが、Blu-ray Discのロードマップでは、2倍速のBD-RE規格策定とほぼ同時期に、PCのデータ記録用の規格「BD-data Ver1.0」も策定される予定だ。情報が少ないため、BD-dataがどのような規格か詳細は不明だが、基本的には、BD-RE規格をベースとした派生規格となるようだ。ただ、データ記録用ということから、少なくとも何らかのディフェクトマネジメント(欠陥管理)機能も実装されているはずだ。このBD-dataは、当初、CLV記録による2倍速からスタートするが、将来的には記録速度を4倍速に高速化し、同時にCAV記録をサポートした「BD-data Ver2.0」規格が策定される予定となっている。

 今回公表された内容からも分かるように、Blu-ray Discファミリーでは、最終的にはすべての規格でベアディスクが採用され、カートリッジは基本的にオプション仕様へと変更される。また、Blu-ray Discファミリーは、BD-RE、BD-ROM、BD-R、BD-dataの4種類の規格策定を終えた段階で、規格化の最初のフェースが終了するというロードマップが描かれている。

 学会などでは既に6倍速記録や4層記録などの成果が発表されており、次のフェーズでは、より高速な記録が行えるようになる可能性が高い。もしかしたら、4層記録などを採用し、より大容量記録が行えるようになることもありえるかもしれない。

 ちなみに、書き換え型の規格が、BD-RWやBD-RAMではなく、「BD-RE」と呼ばれているのには大きな意味があるそうだ。「RAMでもなく、RWでもありません。ですが、両方の人たちが、DVDの時にやろうとした構造は、すべて入れておりますので、DVD-RAMで実現したかったことも、DVD-RWで実現したかったことも、これ(BD-RE)を使えばできます」(ソニー 小川氏)

Blu-ray Discを支える技術とは?

 次に、これまであまりたくさんの情報が提供されてこなかったBlu-ray Disc規格の核となっている技術やアプリケーションなどについて、既に製品化が始まっているBD-REをベースに紹介しておこう。

[北川達也, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/2 | 次のページ



Special

- PR -

Special

- PR -