News:ニュース速報 2003年10月29日 06:02 PM 更新

CNT発見の飯島博士が文化功労者に


 政府は10月28日、カーボンナノチューブ(CNT)を発見した飯島澄男博士(NEC特別主席研究員)ら15人を文化功労者に選んだと発表した。

 飯島博士は1991年にCNTを発見した。CNTはナノテク素材として注目を集め、次世代ディスプレイや半導体材料、燃料電池などでの実用化を目指す研究が活発に進められている。

 飯島博士は「電子顕微鏡による物質研究を始めたのがちょうど40年前の1963年。長年築き上げてきた基礎研究成果がナノスケールの科学技術の発展に貢献できたことは望外の幸せ」とコメントしている。

関連記事
▼ Franklin Medalに飯島氏と中村氏
▼ NECなど、カーボンナノチューブ発見10周年で国際シンポ

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -