News:ニュース速報 2003年11月13日 05:24 PM 更新

家庭PC回収は「順調」 JEITA


 電子情報技術産業協会(JEITA)は11月13日、家庭系PCの回収について開始後1カ月の状況をまとめた。回収台数の合計は7566台で、メーカーによる回収・再資源化は順調な滑り出しだとしている。

 回収台数は10月第1週が41台だったが、第2週は186台、第3週は420台、第4週は441台、第5週は526台と増え続けた。

 都道府県別の回収台数トップ5は東京都、神奈川県、大阪府、埼玉県、愛知県。東京都ではPCのごみ収集が停止され、JEITAが回収している。

 主要メーカーについて調べたところ、回収申し込み受け付けは約1万3000台と実際に回収した台数の約1.7倍に上っていると見られる。JEITAは「回収開始直後という事情がなければこの程度の回収は可能だった」とし、家庭系PCの回収システムは順調にスタートしたとしている。



関連記事
▼ 東京都、自作PCを回収・リサイクルへ
▼ 自作PCは廃棄できなくなる?――暗雲立ちこめる「PCリサイクルシステム」
電子情報技術産業協会(JEITA)が先日説明会を実施した「家庭系PCの自主回収・再資源化システム」。回収対象PCの判断基準などに課題が残るこの新システムを、ユーザーの視点で整理してみた

▼ 回収対象PCに“グレーゾーン”――判断基準で課題の残る「PCリサイクルシステム」
今年10月1日から「家庭系PCの自主回収・再資源化システム」がスタートする。電子情報技術産業協会(JEITA)が、同システムについて説明会を行った

▼ ショップブランドPCのリサイクルへ制度拡充 JEITA

関連リンク
▼ 電子情報技術産業協会「家庭系PCリサイクル」
▼ 電子情報技術産業協会

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -