News:ニュース速報 2003年11月19日 03:01 PM 更新

新人アイドルを証券化、1口5万円で個人出資者募集


 ジャパン・デジタル・コンテンツは11月19日、ネット証券会社のジェット証券と共同で、新人グラビアアイドルを証券化したファンドを組成、個人投資家を対象に1口5万円で出資受け付けを始めると発表した。過去にゲーム制作費をファンド化して調達したケースはあったが、グラビアアイドルという“人”を証券化した金融商品は初めてとしている。

 ファンドは「新人グラビア☆アイドルファンド第1号」。個人投資家から集めた資金を新人アイドルのDVDや写真集を制作する資金に充てる。投資家にはDVDと写真集の売り上げから出資者印税が支払われ、最終的な投資利回りは売り上げに応じて変動する。またサイン入り写真集やトークショーへの招待といった特典も提供する。

 出資はジェット証券を通じて12月15日から2004年1月31日まで受け付け、総額500万円の調達を計画している。

 投資対象となるアイドルはオーディションで5人を選んだ。JDCはプロモーションとしてCS番組をプロデュースし、番組は10月から放映が始まっている。第1弾のDVD・写真集は2004年4月に発売する予定。

 コンテンツ産業ではコナミが2000年、「ときめきメモリアル」シリーズの制作費をファンドで募集した例がある。

関連記事
▼ ときメモファンド、償還額が決まる
▼ ときメモファンド、設定額は7億7000万円

関連リンク
▼ ニュースリリース(PDF)
▼ ジャパン・デジタル・コンテンツ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -