News:ニュース速報 2003年12月4日 04:39 PM 更新

イー・アクセス、TD-CDMA高速ワイヤレス技術の実証へ実験局免許を申請


 イー・アクセスは12月4日、TD-CDMA方式を活用した高速ワイヤレスアクセスサービスの実証を目的に、総務省に実験局免許を申請したと発表した。2004年1月にも実験を開始、「どこでも使えるADSL」として安価かつ高速なワイヤレス接続サービスの実現を目指す。

 TD-CDMA技術は第3世代移動体通信規格・IMT-2000の一つ。イー・アクセスは今年春から米IP Wirelessと共同でサービスの検討を進めてきた。音声通信は重視せず、「どこでも使えるADSL」として高速データ通信を主とした事業展開を図る。

 TD-CDMA方式を活用した高速ワイヤレスアクセス技術では、通信ベンチャーのIPモバイルが7月に実験局を構築。下り1Mbps程度の常時接続サービス実現を目指しており、実験にはNTTコミュニケーションズが参加している。またソフトバンクBBとケーブル・アンド・ワイヤレスIDCも同方式によるサービスへの参入を検討している。

関連記事
▼ 定額制モバイルブロードバンド実現へTD-CDMA実験局を構築
▼ TD-CDMA高速ワイヤレス通信実験にNTTコムが参加

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -