News:アンカーデスク 2003年12月11日 05:37 PM 更新

3Dゲーム最前線インサイドレポート
HALO PCの秘密(第3回)(1/2)

3Dゲーム開発ベンダーの囲い込みに力を入れるGPUメーカー。そのわけは、自分たちのGPUをそのゲームで確実に、かつハイパフォーマンスで動作させるため。しかし、3Dゲームベンダーは「派閥抗争」に巻き込まれたくないようだ。

NVIDIAのカンファレンスでNVIDIAの開発サポート体制を絶賛

 Pitchford氏は、NVIDIAによる開発サポート体制の優秀さについても触れてくれた。

 「我々はHALO PCの移植において、GPUベンダーが提供してくれるサポートに多くを期待していなかった。ところが、NVIDIAは我々に自社のハードウェア(ビデオカード)をその膨大な情報とともに提供してくれたし、ソフトウェア開発そのものにも協力してくれた」

 これは、9月末にサンフランシスコでATIがRADEON 9800XT/9600XTを発表したとき、「Half-Life2」の開発元であるValve Software社長Gabe Newell氏が「ATIの開発サポート体制はこの上なく素晴らしいものだった。どこかのように(筆者注:暗にNVIDIAを指している)、わけの分からないプロパガンダキーワードを連呼させられるのとは違う」「Half-Life2はRADEON 9800XT/9600XTで動かすのが最も適しているのだ」と発言したことに対する反論ととも取れる。

 「NVIDIAはGeForce FX 5900 Ultraを我々に提供してくれたので、HALO PCは、そのGPUを搭載したマシンで開発を進めていった。また、NVIDIAは、我々のグラフィックエンジン上のシェーダ・エフェクトのいくつかの開発を行ってくれた」(Pitchford氏)

 NVIDIAが実際のゲームエンジンに自らシェーダを書き下ろす……、というのは、HALO PCのケースが初めてではなく、このようなケースが過去にもあったことは有名な話だ。

 例えば、EAの3Dゴルフゲーム「TIGER WOODS PGA TOUR 2003」や、Bethesda Softworks の「The Elder Scrolls III:Morrowind」で使われている水面シェーダが、NVIDIAのGreg James氏によって書かれたことは、ゲーム業界で広く知られている。

 いまだ発売時期が見えない「DOOM III」も、その描画エンジンの開発支援のためにNVIDIAの技術者が派遣されているし、電撃的に発売が延期された「Half-Life2」にしても、この延期期間中にNVIDIAの全面的な技術支援のもと、GeForce FX 最適化パスが新設される見込みだ。

 ただし、HALO PCにおいて、どのビジュアルがNVIDIA制作のシェーダによって実現されているかは明かされていない。Pitchford氏は「NVIDIA側が制作したシェーダプログラムは非常によく動いてくれて、HALO PCのビジュアルをより素晴らしいものにしてくれた。赤い会社(筆者注:ATIのこと)のビデオカードでも、ちゃんと動作しているし(笑)」と語ったのみだった。

 NVIDIAの提供したシェーダがATIのGPUでも動く……、ということは、現時点ではGeForce FXシリーズでのみサポートされている「プログラマブルシェーダ2.0“+”」がHALO PCでは使われていないと考えていいだろう。

 それでは、逆にATIからの開発サポートに関するオファーはなかったのだろうか。または、ATIのハードウェアは開発に使われなかったのだろうか。こんな疑問も浮上してくる。

 「ATIも我々のパートナーなのでサポートはあった。ただし、彼らのサポートはNVIDIAとは違ったものだった。“そのサポートがどう違ったのか”とか、“どちらのサポートがよかったのか”ということについては(我々はATIとの関係も大事にしたいので)いえない」

 「開発当初、Direct X 9世代のGPUはATIしかなかった(筆者注:RADEON 9700のこと)ので、最初はATIのGPUで開発を進めていた。ただ、開発が進むにつれてNVIDIAに(筆者注:GeForce FXシリーズのこと)移っていった」(Pitchford氏)

 このような感じで、Pitchford氏の発言は、一方的なNVIDIAの持ち上げに徹し切れていない。筆者が想像するに、発言しているのがNVIDIA主催のカンファレンスの壇上なので、ATIに配慮しつつNVIDIAを「よいしょ」した……、というのが実際のところだろう。


飛行艇に乗れば空を飛べるようになる。そのとき、遙か遠方に見える景色までが描画境界なしのエピックスケールで描画される。LODエンジンもなかなか優秀なようだ(クリックすると画面の一部が実寸で表示されます)

GeForce FX系とRADEON 9500オーバーでは表現が違う部分もある

 HALO PCの開発後期ではGeForce FX 5900 Ultraを使って作業が行われたということだが、実際にDirect X 9世代のGPUである「GeForce FX 5950 Ultra」と「RADEON 9800 PRO」でHALO PCを動かしてみると、いくつかの場面で描画の違いに気が付いた。

[トライゼット西川善司, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/2 | 次のページ



Special

- PR -

Special

- PR -