News:ニュース速報 2002年2月15日 04:08 PM 更新

「元気か?」ハロ3980円,しゃべって育つ癒し系

 バンダイは,育成型卓上ペットロボ「マスコットロボ ハロ」を2月24日に発売する。「機動戦士ガンダム」シリーズに登場した「ハロ」がデスクトップにやってくる。3980円のお手頃価格。


(C)創通エージェンシー・サンライズ

 ハロは,初代「機動戦士ガンダム」でアムロ・レイが製作した球状ロボット。以後「Vガンダム」に至るまでシリーズのマスコット的存在として登場。まりのようにぴょんぴょん弾みつつ,「元気だせ!」とかなんとか叫ぶ。考えてみれば不思議なロボットだった。

 バンダイから登場するハロは直径約10センチと小型ながら,話しかけたり,音を聞かせたり,頭のボタンを押すなどのコミュニケーションによって動いたりおしゃべりをしてくれる。“接し方”によって口調や性格が変化し,ご機嫌なら「楽しく行こう!」「元気あるか?」「ハロかわいがって!」としゃべってくれる。声はもちろんオリジナル声優の井上瑶さんが新たに吹き込んだものだ。

 時計機能を内蔵し,頭部のボタンを押すと音声で時刻を教えてくれる。アラーム機能も付いており,設定した時刻になるとガンダムオープニング曲と動きで知らせる。


(C)創通エージェンシー・サンライズ

 バンダイによると,新製品は女性社員が発案した。「男性を中心とした従来のガンダムファンはもちろん,女性にも楽しんでいただける癒し系ペットロボット」(同社)として2003年3月末までに12万個の販売を見込んでいる。

 「Zガンダム」に登場したハロは市販品という設定だったが,ほんとにハロが店頭に並ぶ日が来るとは──。当然ですが,ZDNetでは速攻レビューを予定しています。

関連記事
▼ NASAの宇宙ロボは“ハロ”だった
▼ 携帯から「アムロ行きます!」は“ストロングバイ!”に認定?

関連リンク
▼ バンダイ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -