検索
ニュース

ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任 連邦政府サイトからLGBTページが消える

ドナルド・トランプ新米大統領が誕生した。これにともない、これまでバラク・オバマ氏が使ってきたTwitterの公式大統領アカウントや連邦政府の公式Webサイトが刷新された。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 米国の首都ワシントン D.C.で1月20日(現地時間)、就任式が開催され、ドナルド・トランプ氏が第45代米国大統領に就任した。

 就任式終了後、米連邦政府の公式Webサイト「Whitehouse.gov」や大統領の公式Twitterアカウント「@POTUS」などのすべての関連サービスがトランプ氏の政権のものに切り替わった。

 gov 1
新しくなったWhitehouse.gov

 トランプ氏は従来通り「@realDonaldTrump」でもツイートしているが、@POTUSも使うことにしたようだ。

 gov 2
@POTUSも刷新された

 最初のツイートは、自身のFacebookページで公開した就任演説全文へのリンクだった。

 連邦政府の公式サイトからは、バラク・オバマ前大統領が重視していた温暖化問題、ヘルスケア、LGBTに関するページなどが消えた。

 gov 3
オバマ時代の「Issue」タブ
 gov 4
トランプ氏就任直後の「Issue」タブ

 なお、オバマ氏政権時代の@POTUSでのツイートは「@POTUS44」で、Whitehouse.govのデータは「obamawhitehouse.archives.gov」で見ることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る