検索
ニュース
Build 2019:

Microsoft、「Windows Terminal」を発表 タブ機能、コマンドプロンプト、PowerShell、SSHなどを統合

Microsoftが、Windowsに対応した新しいコマンドラインインタフェース「Windows Terminal」を発表。タブによっていくつもの画面を開き、コマンドプロンプトやPowerShell、Windows Subsystem for LinuxやSSH経由で他のサーバへの接続などが可能。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「[速報]マイクロソフト、「Windows Terminal」発表。タブ機能、コマンドプロンプト、PowerShell、SSHなどを統合、オープンソースで開発中。Microsoft Build 2019」(2019年5月7日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 MicrosoftはWindowsに対応した新しいコマンドラインインタフェース「Windows Terminal」を発表しました

photo

 Windows Terminalではタブによっていくつでも画面を開くことができ、それぞれの画面でコマンドプロンプトやPowerShell、Windows Subsystem for LinuxやSSH経由で他のサーバへの接続などが可能。Windows Terminalで全てのコマンドラインインタフェースを統合することができます。

photo

 GPUを用いたDirectWrite/DirectXによって、従来のコンソールのGDIよりも高速にテキストや絵文字をレンダリング。さらに新たなモノスペースのフォントも搭載。

photo

 開発はオープンソースで行われています

 今夏にプレビュー版がMicrosoft Storeにてプレビュー公開され、冬には正式版となるWindows Terminal 1.0が登場する予定となっています。

 今回のMicrosoft Build 2019ではLinux互換機能を高めたWSL 2も発表されており、このWindows Terminalと組み合わせて考えると、Windows 10がLinux開発者にとって以前より魅力的な選択肢に見えてくるのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る