検索
ニュース

iPhone 2020は側面に謎のコネクタを搭載? 短いApple Pencil用か? (1/2)

iPhoneサイドの「謎のコネクタ」はペン対応のため?

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
MACお宝鑑定団

 iPhone 2020 6.5インチモデルとされる3DプリントモックをAlibaba Sourcesから入手し、現行iPhone 11 Pro Maxと比較してみた。

photo
iPhone 2020 3D print mock-up

 噂されている次期iPhoneの最大画面サイズは6.7インチ(約17センチ)で、それとは画面サイズが異なることから、複数開発されているモデルの中の1つではないかと考えられるが、信憑性は不明。

 3Dプリントモックの高さを測ってみたところ159ミリだった。

photo
iPhone 2020 3D print mock-up

 iPhone 11 Pro Maxの高さは158.0ミリなので、さらに1ミリ高くなるようだ。

 6.7インチディスプレイを搭載したGalaxy A70は、高さ164.3ミリ、同じく6.7インチディスプレイを搭載したUlefone T2は高さ167.6ミリあるため、6.7インチディスプレイ搭載モデルと比べると高さは低いと思われる。

 3Dプリントモックの幅を測ってみたところ78ミリだった。

photo
iPhone 2020 3D print mock-up

 iPhone 11 Pro Maxの幅は77.8ミリ、iPhone 8 Plusの幅は78.1ミリなので、iPhone 8 Plusと同等の幅ということになる。

 3Dプリントモックの厚さを測ってみたところ7.1ミリだった。

photo
iPhone 2020 3D print mock-up

 iPhone 11 Pro Maxの厚さは8.1ミリ、iPhone 8 Plusの厚さは7.5ミリ、iPhone 6 Plusの厚さは7.1ミリで、画面サイズが大きくなった最初のモデルとなるiPhone 6 Plusと同じ厚さになるようだ。

 3DプリントモックとiPhone 11 Pro Maxの右側面を比べてみた。

photo
iPhone 2020 3D print mock-up

 サイドボタンの位置が4分の1ほど下にきて、SIMスロットはスロット1個分下に位置している。

 筐体側面は、iPad Pro (11-inch) 、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) のような鋭角的な形に変わっている。

 3DプリントモックとiPhone 11 Pro Maxの左側面を比べてみた。

photo
iPhone 2020 3D print mock-up

 サウンドオン/オフスイッチ、音量を上げる/下げるボタンの位置が各ボタンサイズの2分の1ほど下にきている。

       | 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.

ページトップに戻る