EMIの決断、そしてその波紋
音楽DRMは消えるのか?

すべての楽曲をDRMフリーで販売するというEMIの大胆な戦略に、音楽業界は追随するだろうか。
news009.jpg

SONY BMG、MP3をAmazonで提供――4大レーベルすべてがDRMフリーに

4大レーベルすべての楽曲がAmazonのダウンロードサービスで販売されることになる。


news019.jpg

SONY BMG、MP3楽曲の提供に踏み切る

SONY BMGは、MP3でアルバムをダウンロードできるギフトカードを発売する。これで4大レーベルすべてがDRMフリーのMP3楽曲を提供することになる。


Warner Music、DRMフリーMP3をAmazonで販売


news014.jpg

DRMフリー楽曲ストア「Amazon MP3」がβ公開――iTunesより低価格で

EMIやUniversal Musicをはじめとする2万を超すレーベルの200万曲以上を、1曲89〜99セントで販売する。


news017.jpg

Wal-Mart、「DRMフリー」MP3楽曲の販売開始――1曲94セント

小売大手のWal-Martが、MP3での楽曲ダウンロード販売を開始した。Universal MusicやEMIの楽曲を販売する。


EMI、DRMフリーの楽曲配信を拡大

米PassAlong Networksが、EMIの全楽曲をDRMフリーで販売すると発表。10万曲以上が、100以上のオンラインストアで販売されるようになる。


news010.jpg

Apple、DRMフリーの楽曲販売を世界同時スタート

ポール・マッカートニー、宇多田ヒカルの楽曲が、256kbps、DRMフリーAAC「iTunes Plus」で販売開始された。


news076.jpg

Apple、DRMフリーとVistaに対応したiTunes 7.2発表

Appleが初のVista対応iTunesを発表した。「iTunes Plus」と名付けられた高音質DRMフリーサービスにも対応しているが、楽曲販売はまだ提供されていない。


Amazon、DRMフリー楽曲販売ストア開店へ

Amazonは年内にDRMなしの楽曲をMP3フォーマットで販売するオンラインストアをオープンする。


EMI-Appleの決断から、企業向けDRMを考える

EMIとAppleのDRM撤廃宣言は、コンテンツ業界を変えるだろう。この状況を見ていると、データ管理などの企業向けDRMでも変化が起きるように思う。


news013.jpg
津田大介氏:

「EMIは打つ手がなかった」――DRMフリー化と「CCCD」という無駄 そして日本は

音楽ジャーナリストの津田大介さんによる、音楽業界とDRMをめぐる問題のまとめとEMIによるDRMフリー化の背景、今後の展望について。EMIの決断の背景を考える上で「CCCDは絶対に外せない要素」として過去の経緯を振り返りつつ、「rootkit騒動」「Vista」という“2つの予想外”も決断のきっかけではと指摘。そして「着うたフル」全盛の日本は──。


news027.jpg

[DJ] MSのZuneストアもDRMフリー楽曲販売へ

MicrosoftもEMIのDRMなし楽曲をZune Marketplaceで販売する意向だが、実際の販売までには少し時間がかかるかもしれない。


news076.jpg

EMIのDRM撤廃で音楽業界に広がる波紋

大きな親会社の支援がなく、米国に強力な地盤を築いているわけでもないEMIが先手を打った形のDRM撤廃。他レーベルはどう出るだろうか。(ロイター)


news088.jpg

東芝EMI、DRMなし販売は「検討中」

英国EMI MusicがDRMなしの楽曲販売を始めると発表したことを受け、国内でもDRMなしの楽曲販売について検討していることを明らかにした。


EMI、全楽曲を「DRMなし」に――iTunes Storeで販売

AppleのiTunes Storeは、EMIの高音質DRMフリー楽曲を最初に提供するオンライン音楽ストアとなる。


[WSJ] EMI、デジタル音楽の「DRM撤廃」発表へ

EMIとAppleが記者発表会を予定しているが、その内容はDRMなしの楽曲販売に関するもののようだ。


[WSJ] 映画にも波及する? ジョブズ氏の「DRM不要論」

レコード業界に「DRMを捨てよ」と呼びかけたAppleのジョブズ氏の声は、映画業界をも揺るがすことになるかもしれない。


[WSJ] EMI、「全曲DRMなし」での販売を検討

ビートルズやレディオヘッドなどを擁するEMIが、全楽曲をDRMなしのMP3で販売する案について、オンライン音楽ストアと話し合っている。


ハッカー「DVDヨン」、スティーブ・ジョブズ氏に反論

「行動は言葉よりも雄弁だ、スティーブ」――FairPlayをクラックしたこともあるハッカーが、ジョブズ氏の「FairPlayを開放しない理由」に異を唱えた。


「4大レーベルはDRMを捨てよ」、Appleのジョブズ氏が提言

ジョブズ氏はFairPlayを開放しない理由を「レコード会社が求める楽曲の保護を保証できなくなる」と説明し、レコード会社がDRMを捨てるのが最善だと主張する。



Special

- PR -

Special

- PR -